カテゴリ記事リスト

2009年10月23日

本と珈琲のある風景(2009/10/17)

 水道橋に用があって、その帰り道。息子のお迎えまであまり時間はないが、疲れを癒すためにサンマルクに行く。旭屋書店のはす向かいにあるサンマルクは、今のようにあちらこちらで見かけるようになる以前から、美味しいチョコクロと、ほろ苦珈琲とが楽しめるので、水道橋でお茶となると、まずここを利用する事が多い。

 この日も旭屋書店を目印に表通りに出てみると、なんと「紳士服のアオキ」のド派手な看板に変わっていた。ついに旭屋書店が撤退かぁ。僕が高校生の頃からずっとここにあったわけだから、かれこれ30年以上はあの場所にあったのに。

「時の流れってそんなもんすかね」(「木根川橋」byさだまさし)

 そんな感傷はおいといて、チョコクロとアイス珈琲と、そして

 
闇の奥 コンラッド(光文社古典新訳文庫,2009年)


を読む。

 どうしてもフランシス・フォード・コッポラの「地獄の黙示録」のイメージをぬぐえず、あれはベトナム戦争を舞台に据えていたので、まさに「地獄絵」とワーグナーの虚無的なオーケストラの演奏が頭の中に渦巻いていたが、原作はもうちょっと文章に「軽ろみ」が感じられる。

本と珈琲のある風景20091017-02.jpg
posted by アスラン at 12:40 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 本と珈琲のある風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月14日

本と珈琲のある風景(2009/10/11)

 JR中央線・武蔵小金井駅からバスで5分程度のところに小金井公園がある。いつぞや、この公園に併設されている「江戸たてもの園」に言った事がある。あのときは帰りの夕まぐれにトンボが見送ってくれたことをよく覚えている。今回は子供を喜ばせるために、公園の方に連れてきた。

 子供の広場脇に売店やら物売りのワゴンやらが出ている。給食当番の揚げパン、ピタサンド、アイスクリームなどのワゴンが連なっていて美味しそうだ。

 丸テーブルに座って、美味しい珈琲は場所柄叶わないので、麦茶と、
 生れ出づる悩み 有島武郎(集英社文庫,2009年)

を取り出す。こういう気持ちのいい秋の公園で読むには、内容的にもとっても良い本だ。しかも古さを感じさせないすがすがしい若者(今年のナツイチのイメージキャラクターだ)が表紙だが、意外と気恥ずかしさを感じさせない。
本と珈琲のある風景20091011-02.jpg
posted by アスラン at 12:56 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 本と珈琲のある風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月25日

本と珈琲のある風景(2009/9/23)

 今日はカフェ・ベローチェで休憩。シルバーウィークも、はや最終日。あっという間に終わってしまった。今日は午前中に子供の髪を切ってもらい、午後からは僕の髪を切ってもらって久々にすっきりした気分で秋を迎える事ができた。

 髪を切ったその足で、ささやかな僕の休憩時間だ。秋風に吹かれてやや涼しい陽気なので、ブレンドコーヒーLにチョコレートケーキをつけた。ここのチョコレートケーキは、生地にナッツ(おそらくクルミ)が入っていて、見かけ以上に腹ごらえがする。

 本日の読書は、ようやく予約待ちから手元に来た、

身の上話 佐藤正午


 著者の最新作だ。2週間という期間があったのに、京極堂を読んだり、ハリポタを読んだり、北村薫のベッキーさん3部作を読んだりと、いろいろと回り道が多くて、いまだに読み終えていない。読めば、脇目もふらずに読む事になるほど面白いと分かっているのに読まない。いや、分かっているからこそ、余裕をかまして読まないのかもしれない。でも、そろそろ余裕もなくなった。ここぞとばかりに一気呵成に読み上げよう。
本と珈琲のある風景20090923-02.JPG
posted by アスラン at 12:31 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 本と珈琲のある風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月14日

本と珈琲のある風景(2006/7/31)

 今は無きUCCカフェプラザでのんびりとアイス珈琲を飲みながら読書ができた幸せな頃の一枚。3年前だから息子はまだ1年と7ヶ月。昼食後はぐっすりと2〜3時間は昼寝をしていてくれた時期だ。添い寝はママにまかせて、暑い夏を僕は自宅を抜け出して立川駅前南口に出来たばかりのUCCカフェプラザですごす初めての夏を、アイス珈琲と本の取り合わせで楽しんだ。

 
ダ・ヴィンチ・コード ヴィジュアル愛蔵版 ダン・ブラウン


 すでに前年に当時の人気作は読んでいたが、この愛蔵版はルーブルで飾られているダヴィンチの絵画がふんだんに使われていて、作品を楽しむには非常に都合の良い一冊だった。

 珈琲は、なにかこの夏のUCCカフェプラザオリジナル商品だったので頼んだのだが、珈琲から作ったクラッシュアイスに珈琲が注がれていてバニラアイスがのった洒落た飲み物だった。名前は忘れた。でも、ちょっとクラッシュアイスのしゃりしゃり感が、「アイス珈琲はごくごく飲みたい」僕としては邪魔だった。つまりはオシャレすぎたのだろう。僕には似合わない。今回限りで二度と頼まなかった。
珈琲のある風景060731.JPG
posted by アスラン at 02:58 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 本と珈琲のある風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。