2008年06月02日

川崎市の図書館システムが再び攻勢をかける!

 最近はめっきりご無沙汰している川崎市の図書館だが、久しぶりに先日立ち寄った。すると7月1日(火)から新しい図書館コンピュータシステムを稼動させるというアナウンスが壁に貼られていた。しかも、システム入れ替えのために6/16〜30まで川崎市の図書館は全館休館となるそうだ。これはものすごい事だ。半月も公共の施設が休館してしまうというのだから、一体何事かと思うだろう。

 その内容はと言えば、図書館システムを愛用している人からすると驚くべき新機能が待ち受けていた。

1.ご自分で予約順位を確認できます!
2.ご自分で予約の取消しが可能になります!
3.ご自分で貸出し期間が延長できます!


どこが「驚くべき」かって?3番目ですって。「貸出し期間が延長できる」ってところがですよ。これって画期的でしょう。

 川崎市のシステムの最大の魅力は「蔵書全点の予約をウェブからできる」というところにあったんだけど、いくつかの点で不満な点があった。どんな点が不満かを明らかにするには、立川市の図書館システムと比較するのが手っ取り早いだろう。以前から、立川市と川崎市のシステムを利用者の立場から比較してきた。2006年3月18日付けの記事で、それぞれの図書館システムの利点を次のように列挙した。

[川崎市図書館の利点]
 ・蔵書全点の予約がウェブからできる(2006/3から立川でも実現)
 ・携帯からも予約ができる
 ・新刊本がいち早く入荷する

[立川市図書館の利点]
 ・検索で、所蔵館やキーワードで検索できる
 ・予約待ちのカウントダウンが表示される
 ・予約取り消しができる(今回から追加)
 ・利用者あたりの蔵書数が多いため、待ち行列が短い


 「蔵書全点の予約」が実現できた時点で、立川市の図書館システムが川崎を追い抜いたと記事に書いた。今回の川崎のシステム改良の1番目・2番目はすでに立川市のシステムで実現されている。今回の改良によって立川のシステムを再びキャッチアップしたわけだ。何がありがたいって、カウントダウン(予約順位)が表示されるほど利用者にとってありがたい事はない。コアな図書館ユーザーには読書計画というものがある。いくつか好きな本をかたっぱしらから予約しまくった挙げ句に、いっぺんに届いてしまったら元も子もない。

 一度などハリポタ最新巻上下と村上春樹「アフターダーク」と福井晴敏「亡国のイージス」がいっぺんに届いて途方に暮れた経験が、川崎の図書館ではあるのだ。手つかずに読み流してしまえば、また長い行列の最後尾につく気力が無くなることが多い。だからこそ、予約表示はコアユーザーにとっての生命線なのだ。これで立川と川崎は再び横に並んだ。そして、川崎は半月のシステム入れ替えを代償に一挙に攻勢を掛ける。

 それが「貸出し期間の延長」だ。これが何を意味するかは一目瞭然だろう。延滞問題に一つの解決を与える事になるのだ。川崎市図書館のHPには次のようなお願いが載っている。

 現在、川崎市立図書館では、返却日を過ぎても返却されない資料が多く、対応に苦慮しております。
2007年9月の調査では、返却日を一週間過ぎている資料が貸出冊数の13.45%、二週間を過ぎても返却されない資料が7.25%もありました。
 図書館では、返却をお忘れの方に、返却を促すメールやハガキをお送りしています。メールアドレスを登録されていない方には督促のハガキを送付していますが、このハガキの枚数は、全館で一年間に約5600枚(2006年度)、費用で約128万円になっています。


 この延滞もしくは故意の返却忘れは、どの図書館でも頭を痛めている。かくいう僕も返却期限を1週間遅らせる事はよくある。いいことではないが、なかなか週の途中で返せないなどの都合でついついやってしまう。10日を過ぎると督促のメールがくる。立川市では督促の電話をもらったことがある。不名誉であるだけでなく税金の無駄遣いを自らしている事になるわけだ。ごめんなさい。

 そこで言い訳ついでに甘えさせてもらえば、次の予約がない図書については返却を自主延長しちゃえ、という事になる。これは甘えには違いないが、この甘えを認めてくれれば、延滞の何割かは解消されるはずだ。延滞したあとに受付に返却して延長申請すると、一度書架に戻す規定になっていると断られる。やはり返却期限内に持っていって延長しなければならない。ならば読み切るまで少し延滞してしまおうと、甘えのデフレスパイラル(って何?)が起こるわけだ。

 今回の新システムの機能の目玉は借りる側と貸す側の双方にメリットを与えてくれる一石二鳥の大改革と言える。「図書館の見直し」を検討している立川市殿。民間への業務委託だけが立て直しの切り札などと見通しの悪い事を言わないで、川崎市の改革を見習ってみたらどうでしょう。がんばれ!立川図書館。あっぱれ!川崎図書館。

人気ブログランキング

↓クリックの応援よろしく!
banner_04.gif
posted by アスラン at 03:14| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 図書館のすべて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。