2008年04月11日

予知夢 東野圭吾(2008/4/7読了)

 なんで湯川学はインスタント珈琲しか飲まないのだろう。本書の探偵〈ガリレオ〉の事だ。大学時代からの友人の草薙刑事が帝都大物理学科の研究室を訪れるたびに、湯川は決まって不味そうなインスタント珈琲をすすめる。しかも草薙に言わせるとろくに洗ってないようなカップで出される。それがイヤで、最初こそ我慢してつきあっていた草薙もシリーズ二作目の本書では必ず断るようになった。

 科学畑で味オンチなのかと思えば、事件解決後に「ブルーマウンテンの美味しい店がある」と草薙を誘ったり、待ち合わせしたホテルのカフェで草薙が飲んでいる珈琲の香りだけから注文するのを控えたりしている。ではなぜ日頃はインスタント珈琲なのか。シンプルな原理にこだわる秀才科学者なりの理由が隠されているのかもしれない。あるいはただの作者の思いつきか。

 湯川学というと今や福山雅治のイメージと切り離せなくなってしまったが、原作の探偵は”福山ガリレオ”ほど気取ってもいないし隙のない天才でもない。どちらかというとどこにでもいそうな人間だ。特に草薙とのやりとりで感じるのは、こんな事件を持ち込むなと言いながらも、わりと詮索好きなところを隠さないありきたりな人物に見える事だ。

 ただしありきたりな人物ではミステリーにならないので、不可思議な事件を科学的に解明できる才能を持つことが探偵としての必要条件となる。浮き世離れして人間そのものに関心はない湯川のディテールは、(科学者探偵)という設定を魅力あるものにするための十分条件にあたる。そう考えると、本業の研究に没頭するとそれ以外はすべて二の次という、古典的な倫理観を体現する科学者像を、著者は湯川学に与えたかったのかもしれない。なにしろ愛称からして物理学の祖である「ガリレオ」なのだから。

 一度だけ「中指でめがねを持ち上げた」という記述に出くわした。(福山ガリレオ)が大げさにやって見せた例のしぐさだ。原作ではあっさりと書かれていたから、きざなしぐさ以上の深い意図は感じられない。あれに「実に面白い」という口調を組み合わせることで、歌舞伎の「見栄」のような演出を考えついたは脚本家なのかディレクターなのか、それとも役者個人のアイディアなのか。そういう型にハマった描写は原作にはない。

 原作のあちらこちらに断片的に描かれる湯川の特徴を〈いいとこ取り〉した上でテレビ的にカリカチュアしているところに、ドラマ版「ガリレオ」のセンスの良さを感じる。

 そういえば第一作「探偵ガリレオ」の感想でもちょっと触れたが、この連作の初出は「オール読物」という雑誌だ。僕自身は購入したことも読んだ事もおそらくないが、古くからある雑誌だ。年配の男性サラリーマンが主たる読者だろう。そのせいか、原作は男性読者の科学的興味をくすぐる趣向はあるけれど、色気や華やかさに乏しい。草薙と湯川のドライな会話は、部活までともにした男友達にありがちなやりとりで男性読者には理解しやすいが、女性には面白みがないかもしれない。

 だからだろう。原作が男性向けなのに対して、テレビドラマは女性向けにシフトしている。単に科学的な解決だけでは女性視聴者はついてきてくれそうにないので、いくつかのエピソードでは思い切って設定を変えている。たとえば「霊視る」の被害者はわがままなOLで、殺された時刻に恋人のところに彼女の霊が姿を現す。テレビ版では被害者は新進の料理研究家で、霊を目撃するのは被害者の妹になっている。また、霊の謎が解明されても犯人は変わらず、犯罪の意味合いだけが変わるという原作の結末も今ひとつ面白みがない。ドラマでは犯人も変更してドラマティックな展開を用意した。他にも「絞殺る」の共犯者の変更はあきらかに女性視聴者を意識したものだろう。

 湯川学がインスタント珈琲を飲む場面は、水戸黄門の印籠のごとく原作の短編では必ずと言っていいほど一度は描かれる。著者がこだわる唯一のディテールと言っていい。理由はどうであれドラマでも押さえておかないわけにはいかない。ただし、〈女性向けガリレオ〉が汚れたカップで珈琲を入れる事はない。

↓クリックの応援よろしく!
banner_04.gif
人気ブログランキング
posted by アスラン at 10:27| Comment(0) | TrackBack(1) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

福山雅治『ガリレオ』映画化キャストは?実に面白い
Excerpt: 福山雅治『ガリレオ』映画化キャストは?実に面白い 昨年大ヒットした福山雅治さんの主演ドラマ『ガリレオ』が今秋映画化されます。 原作はテレビシリーズと同じく東野圭吾さんのガリレオシリーズ第三..
Weblog: ニュース速報ブログだよ
Tracked: 2008-04-13 00:02
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。