2005年10月23日

1998年8月30日(日) 「夏の夜の夢」

 都営三田線千石駅下車の三百人劇場で「夏の夜の夢」(no.129)を観る。

 言わずとしれたシェイクスピアの戯曲だ(何故、「真夏」が「夏」になってしまったのか?)。

 イギリスの伝統あるロイヤル・シェイクスピア・カンパニーの舞台劇を映画化したもので、映画と舞台との両方の要素を持ち合わせたあやしげな作品になっている。ここであえて「あやしげ」と言ったが決して非難しているのではない。いい意味でだ。

 舞台劇でありながら、ズームや俯瞰などの映画的手法をうまく取り入れる事で、舞台を映画化する際に陥りがちな臨場感の欠如を見事に補っている。

 現代劇としてでも十分に見応えのある今回の演出で、この戯曲を観てしまうと、他の演出の舞台は観られなくなるかもしれない。それくらい楽しめた。
(「大いなる遡行」2005/10/03記事より転載)
posted by アスラン at 18:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画評(1998年) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/8501080
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。