2005年07月06日

フォークグループNSPの天野滋死去

 7/1に70年代に活躍したNSPのメインボーカル天野滋が亡くなった。52歳は若い。

73年にレコードデビュー。NSPには「夕暮れ時はさびしそう」などのヒット曲
がある。


というあっさりとした締めくくりの記事だ。

 「夕暮れ時はさびしそう」が代表曲であることは間違いないので、記事の書き方に手落ちがあるわけではないが、70年代にリアルタイムで聴いていた自分としては「などのヒット曲」という表現に多少なりとも違和感を感じてしまう。その一言で葬り去られてしまうのだなぁと。

 とはいえ、ではあとはどんな曲が彼らを代表するのか思い出そうとしてもタイトルが出てこない。そもそも熱心なファンというわけでもなかった。ただあのころ毎晩ラジオをつけながら勉強をしたり、ただ無為に過ごしたり、流れてくるフォークソングにあわせてギターで弾き語りしていた風景のどこかにNSPはひっそりと存在していた。

 当時、叙情派フォークという言葉があった。60年代からの反体制運動から生まれたメッセージフォークと区別する意味で使われた言葉であり、やがてはニューミュージックという言葉に取って代わられて消えていった。
 かぐや姫、風、ウィークエンド、グレープ、さだまさし、バンバンなどが叙情派フォークの代表株で、彼らは一様に前の世代からは「メッセージがない、女々しい」などと揶揄された。

 しかし本当の意味で言うとかぐや姫グレープも女々しさからは遠い位置にいた。

 かぐや姫などは政治的なメッセージこそ皆無だが、田舎からでてきた青年が都会で暮らしていくために身につけた図々しさを堂々としかもユーモアをこめて歌いあげていたし、グレープのボーカルさだまさしは、故郷そのものの叙情が都会への強いメッセージになる事をしたたかに計算していた。

 叙情派フォークが言葉とは裏腹に詩にしたたかさを隠していたとすると、NSPはまさに「男の女々しさ」そのものを歌う稀有なグループだった。
 
田舎の堤防 夕暮れ時に ぼんやりベンチに座るのか
散歩するのもいいけれど 寄り添う人がほしいのさ


笑ってくれよ、ウフフとね そんなにふくれちゃいやだよ
夕暮れ時はさびしそう とってもひとりじゃいられない



 天野の歌唱は、詩の女々しさを強調するかのように弱々しくしかもあわて気味に前のめる。
そのヒステリック気味の声色は、「男らしさ」をうまく表現する事を奪われたあの頃の雰囲気をうまく言い当てていて、僕を含めて多くの若者たちの琴線に触れたことは確かだ。

「NSPベストセレクション1973〜1986」のタイトルを眺めてみると、

八月の空へ翔べ
北北東の風
弥生つめたい風
八十八夜
赤い糸の伝説

あたりが今でも口ずさめそうな気がする。
他にも聴いてみれば、あの当時耳にした曲がもっと見つかるだろう。

合掌。
posted by アスラン at 01:52| Comment(5) | TrackBack(2) | 日記(電車でカフェ気分) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 こんばんは。
私もラジオでNSPの歌を聴きながら、勉強した一人です。
何だか懐かしいな。
NSPと言えば「夕暮れ時はさびしそう」。
あんなに聴いた割には、最後のサビの部分しか思い出せないのだけれど「やけに真っ白な 雪がふわふわ・・・♪」って言うのは「夕暮れ時はさびしそう」の歌詞ではなかったかしら?
ずっと気になって気になって、思い出せなくて、頭の中がこの歌詞とメロディでいっぱいです・・・。
Posted by とも子 at 2005年07月07日 20:23
こんばんは、とも子さん。

歌詞全文はトラックバックをくれたcyazさんの記事に載ってました。
ちなみに「やけに真っ白な…」は「さようなら」の歌い出しだと、僕の友人が教えてくれました。
Posted by アスラン(「夕暮れ時は…」の歌詞はこちら) at 2005年07月08日 00:28
TBありがとうございました。
「ヒステリック気味の声色は、「男らしさ」をうまく表現する事を奪われたあの頃の雰囲気をうまく言い当てていて・・・」
なるほど〜お見事!
すごい、うまい表現ですね。

ずっと聴いててますます寂しくなってきました。

Posted by mimi3 at 2005年07月09日 07:04
mimi3さん、ずっと聴かれてるようですね、NSP。

ちょっと感傷的になりすぎるかもしれないけど、天野さんにとっても、NSPファンにとってもいい供養になると思うので、寂しさを味わってください。

 もうすぐ八十八夜 もうすぐ暖かくなる

女々しさ代表みたいな言い方しちゃいましたが、ここらへんの詩はグレープっぽい叙情を感じますね。
Posted by アスラン at 2005年07月10日 01:22
今〜朝ドラの「あまちゃん」に時々登場する
NSP〜天野君は亡くなったけど〜そんなグループを〜クドカンは〜知ってるんじゃないかな
主演の天野アキちゃん〜〜じぇじぇじぇじぇ〜
僕は〜大ファンだったので〜そう思うように〜
考えてます〜!
Posted by 樺島英明 at 2013年04月30日 16:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/4866127
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

NSPの天野 滋さん、逝く・・・。
Excerpt:  NSPのリーダーでボーカルの天野 滋(あまのしげる)さんが今月1日、脳内出血で死去、52歳だった。 2002年に16年ぶりにオリジナル・メンバーで復活、19年ぶりのオリジナル作品も完成し、つい最近ま..
Weblog: 京の昼寝〜♪
Tracked: 2005-07-06 12:42

七夕の夜に、NSP天野さんのCDが私のもとに・・・
Excerpt: 注文していた「NSPベストコレクション」が届きました{/choki/} お星さまになっちゃったんやね・・・天野さん{/star/} 何十年ぶりに聴いたやろ?涙がぽろぽろあふれます{/face_naki..
Weblog: ♪あなたに逢いたくて
Tracked: 2005-07-08 17:39
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。