2007年06月19日

書評(著者順)

[index]
− −
− −
− −
− −
− −


−ア−

赤川次郎
  結婚案内ミステリー風

あさのあつこ
  バッテリー

芦辺拓
  明智小五郎対金田一耕助

阿部和重
  インディヴィジュアル・プロジェクション

旭山動物園監修
  幸せな動物園

吾妻ひでお
  失踪日記

綾辻行人
  贈る物語 綾辻行人=編 
  十角館の殺人(新装改訂版)
  Another

荒川洋治
  詩とことば

嵐山光三郎
  悪党芭蕉
  芭蕉紀行

有川浩
  図書館戦争
  図書館内乱
  図書館危機
  図書館革命
  別冊図書館戦争1

有島武郎
  生れ出づる悩み

ハンス・C・アンデルセン
  アンデルセン童話集(一)

デイヴィッド・アンブローズ
  偶然のラビリンス

−イ−

飯城勇三・編著
  エラリー・クイーン Perfect Guide
  エラリイ・クイーンパーフェクトガイド(文庫版)

飯島奈美
  LIFE−なんでもない日 おめでとうのごはん−

五十嵐正朋
  『坊っちゃん』の秘密

伊坂幸太郎
  魔王
  グラスホッパー
  重力ピエロ

石井茂
  ハイゼンベルグの顕微鏡 不確定性原理は超えられるか

石上三登志
  名探偵たちのユートピア 黄金期・探偵小説の役割

石川啄木
  啄木・ローマ字日記

石田衣良
  池袋ウエストゲートパーク

石原千秋
  漱石と三人の読者

磯崎憲一郎
  終の住処

板垣朝子
  ブログをもっと楽しく活用する本

絲山秋子
  沖で待つ

−ウ−

ロバート・チャールズ・ウイルスン
  時間封鎖
  無限記憶

梅佳代
  うめ版

−エ−

江國香織
  東京タワー

遠藤武文
  プリズン・トリック

−オ−

大崎善生
  九月の四分の一

大類雅敏
  そこに句読点を打て!

岡田喜一郎
  淀川長治の映画人生 

奥田英朗
  東京物語
  空中ブランコ
  イン・ザ・プール
  町長選挙

押切もえ
  モデル失格 −幸せになるためのアティチュード−

小野俊太郎
  モスラの精神史

「オタク川柳」選考委員会
  オタク川柳―人はみな何かしらかのオタクです

折原一
  沈黙者
  黒い森

恩田陸
  木曜組曲
  夜のピクニック

−カ−

ジョン・ディクスン・カー
  エドマンド・ゴドフリー卿殺害事件
  密室と奇蹟 J・D・カー生誕百周年記念アンソロジー
  帽子収集狂事件 三角和代訳
   (参考)「帽子収集狂事件」(創元推理文庫)ネタバレ解読
  夜歩く
  魔女の隠れ家

垣根涼介
  君たちに明日はない

角田光代
  この本が、世界に存在することに
  おやすみ、こわい夢を見ないように

笠井潔
  探偵小説と二〇世紀精神 ミネルヴァの梟は黄昏に飛びたつか?

梶尾真治
  タイムトラベル・ロマンス

鹿島茂
  吉本隆明1968

加藤尚武
  現代倫理学入門

加藤典洋
  僕が批評家になったわけ

金原ひとみ
  蛇にピアス

加納朋子
  ささらさや

川上弘美
  神様
  センセイの鞄
  古道具中野商店
  真鶴

川上未映子
  乳と卵

川口淳一郎
  はやぶさ、そうまでして君は−生みの親がはじめて明かすプロジェクト秘話−

河野実 大島みち子
  愛と死を見つめて ある純愛の記録

香山リカ
  いまどきの「常識」

川端康成
  伊豆の踊子・温泉宿 他四篇
  文豪ナビ 川端康成 新潮文庫編

かんべむさし
  ポトラッチ戦史

−キ−

ダニエル・キイス
  アルジャーノンに花束を

岸本佐知子
  ねにもつタイプ

北杜夫
  船乗りクプクプの冒険

北村薫
  語り女たち
  ニッポン硬貨の謎―エラリー・クイーン最後の事件―
  街の灯
  玻璃の天/鷺と雪

北村想
  怪人二十面相・伝

京極夏彦
  姑獲鳥の夏(初読時)
  姑獲鳥の夏(再読時)
  魍魎の匣
  魍魎の匣(再読時)
  狂骨の夢
  狂骨の夢(再読時)
  鉄鼠の檻
  鉄鼠の檻(再読時)
  絡新婦の理
  百鬼夜行−陰
  百鬼夜行−陰(再読)
  塗仏の宴 宴の支度
  塗仏の宴 宴の支度(再読時)
  塗仏の宴 宴の始末
  塗仏の宴 宴の始末 京極夏彦(再読時)
  陰摩羅鬼の瑕

銀林みのる
  鉄塔武蔵野線(新潮文庫版)
  鉄塔武蔵野線(新潮社版)
  鉄塔 武蔵野線(ソフトバンク文庫版)

−ク−

エラリー・クイーン(エラリイ・クイーン)
  間違いの悲劇
  オランダ靴の秘密
    (関連記事)「オランダ靴の秘密」(ハヤカワ・ミステリー文庫)ネタバレ解読
  アメリカ銃の謎
    (関連記事)「アメリカ銃の謎」(創元推理文庫)ネタバレ解読
  エジプト十字架の謎(新版)
    (関連記事)「エジプト十字架の秘密」(ハヤカワ・ミステリ文庫)ネタバレ解読
  Yの悲劇(ポプラ社)
  Yの悲劇(秋田書店) クイーン/原作 山村正夫/訳
  Xの悲劇(角川文庫)
    (関連記事)「Xの悲劇」(創元推理文庫)ネタバレ解読
  エジプト十字架の謎(秋田書店) クイーン/原作 藤原宰太郎/訳
  チャイナ橙の謎
    (関連記事)
「チャイナ橙の謎」(創元推理文庫)ネタバレ解読

アーサー・C・クラーク
  決定版 2001年宇宙の旅
  2010年宇宙の旅
  2061年宇宙の旅
  3001年終局への旅

マイケル・クライトン
  アンドロメダ病原体

モリス・クライン
  数学の文化史

アガサ・クリスティー
  アクロイド殺し
  青列車の秘密
  スタイルズ荘の怪事件
  オリエント急行の殺人

栗本薫
  ぼくらの時代

ウィンストン・グルーム
  フォレスト・ガンプ

F・W・クロフツ
  

−ケ−

ハリイ・ケメルマン
  九マイルは遠すぎる

−コ−

こうの史代
  夕凪の街 桜の国

COCO
  今日の早川さん
  今日の早川さん2

小柴昌俊
  ニュートリノ天体物理学入門−知られざる宇宙の姿を透視する−

木堂椎
  りはめは100倍恐ろしい

小林信彦
  うらなり

小林誠
  消えた反物質−素粒子物理が解く宇宙進化の謎−

小森収・編
  ミステリよりおもしろいベスト・ミステリ論18
  →(その1)(その2)(その3)(その4)(その5)

小森健太朗
  探偵小説の論理学 ラッセル論理学とクイーン、笠井潔、西尾維新の探偵小説

今野敏
  隠蔽捜査
  果断 隠蔽捜査2
  隠蔽捜査3 疑心

コンラッド
  闇の奥

−サ−

最相葉月
  星新一 一〇〇一話をつくった人

酒井順子
  負け犬の遠吠え

酒見賢一
  墨攻

桜庭一樹
  私の男

佐々木倫子(漫画)・綾辻行人(原作)
  月館の殺人

佐藤正午
  ジャンプ
  アンダーリポート
  小説の読み書き(その1)
  女について
  正午派
  永遠の1/2
  身の上話

佐藤多佳子
  一瞬の風になれ 1(イチニツイテ)
  一瞬の風になれ 2(ヨウイ)
  一瞬の風になれ 3(ドン)

佐藤雅彦
  毎月新聞

佐藤真澄
  小惑星探査機「はやぶさ」宇宙の旅

サルマルヒデキ
  東京鉄塔―ALL ALONG THE ELECTRICTOWER

パブロ・デ・サンティス
  世界名探偵倶楽部

−シ−

椎名誠
  本の雑誌血風録

シェイクスピア
  ヴェニスの商人

ヘンリー・ジェイムズ
  ねじの回転 デイジー・ミラー

しきしまふげん
  現代萌衛星図鑑

実相寺昭雄
  ウルトラマン誕生
  ウルトラマンの東京

笙野頼子
  徹底抗戦!文士の森 実録純文学闘争十四年史

クリス・ジョーンズ
  絶対帰還。−宇宙ステーションに取り残された3人、奇跡の救出作戦−

白石昌則 東京農工大学の学生の皆さん
  生協の白石さん

サイモン・シン
  フェルマーの最終定理
  代替医療のトリック (エツァート・エルンストと共著)

−ス−

デイヴィッド・スコット(+アレクセイ・レオーノフ)
  アポロとソユーズ 米ソ宇宙飛行士が明かした開発レースの真実

スティーヴンスン
  宝島

イアン・スチュアート
  数学の秘密の本棚(途中返却)

ヨハンナ・スピリ
  アルプスの山の娘(ハイヂ)

アンドリュー・スミス
  月の記憶 −アポロ宇宙飛行士たちの「その後」−

諏訪哲史
  アサッテの人

−セ−

モーリス・センダック
  かいじゅうたちのいるところ

−ソ−

−タ−

ジョン・ダービーシャー
  素数に憑かれた人たち−リーマン予想への挑戦−

大道珠貴
  しょっぱいドライブ

平安寿子
  グッドラックららばい
  素晴らしい一日

高沢秀次
  吉本隆明1945ー2007

高橋源一郎
  日本文学盛衰史
  ミヤザワケンジ・グレーテストヒッツ
  13日間で「名文」を書けるようになる方法

高橋哲哉
  靖国問題

武居俊樹
  赤塚不二夫のことを書いたのだ!!

谷川流
  涼宮ハルヒの憂鬱

−チ−

−ツ−

月本洋
  日本語は論理的である

辻村深月
  凍りのくじら
  ぼくのメジャースプーン
  名前探しの放課後

都築響一
  夜露死苦現代詩
  インスタント・フューチャー 大阪万博、あるいは1970年の白日夢

津村記久子
  ポトスライムの舟

−テ−

ジェフリー・ディーヴァー
  獣たちの庭園
  ボーン・コレクター
  石の猿
  魔術師
  ソウル・コレクター

天童荒太
  悼む人

−ト−

アーサー・コナン・ドイル
  シャーロック・ホームズの冒険(新訳)

と学会編
  トンデモ本の世界

栃折久美子
  装丁ノート

童門冬二
  田中久重 明治維新を動かした天才技術者

鳥越碧
  漱石の妻

−ナ−

中川李枝子
  いやいやえん(大村百合子/え)

中野独人
  電車男

長山靖生
  謎解き少年少女世界の名作

夏目漱石
  直筆で読む「坊っちやん」
  こころ

−ニ−

西村淳
  面白南極料理人

ニュートンムック(ニュートンプレス社)
  探査機はやぶさ7年の全軌跡−世界初の快挙を成し遂げた研究者たちのドラマ−

−ヌ−

−ネ−

−ノ−

野内良三
  日本語作文術−伝わる文章を書くために−
   書評(その1)(その2)(その3)(その4)

野村美月
  “文学少女”と月花を孕く水妖
  “文学少女”と死にたがりの道化

法月綸太郎
  初期クイーン論(「現代思想」1995年2月号に収録)

−ハ−

バーネット
  秘密の花園

ロバート・A・ハインライン
  夏への扉(新訳版)

蓮實重彦
  国際シンポジウム小津安二郎−生誕100年記念「OZU2003」の記録−(蓮實重彦編)

秦建日子
  アンフェアな月 刑事雪平夏見

畠中恵
  しゃばけ

早川書房編集部/編
  51番目の密室−世界短篇傑作集−

ヴァン・ダイン(バン・ダイン)
  グリーン家殺人事件(秋田書店) 中島河太郎/訳
  ベンスン殺人事件

−ヒ−

カーティス・ピーブルズ
  人類はなぜUFOと遭遇するのか

光プロダクション
  鉄人28号論

東野圭吾
  探偵ガリレオ
  予知夢
  聖女の救済
  ガリレオの苦悩

氷室冴子
  恋する女たち

ヒルトン
  チップス先生さようなら

広瀬正
  鏡の国のアリス
 
−フ−

レン・フィッシャー
  魂の重さは何グラム?−科学を揺るがした7つの実験−

E・フィルポッツ
  赤毛のレドメイン家

深代惇郎
  深代惇郎エッセイ集

双葉十三郎
  外国映画ぼくのベストテン50年−オール写真付きで名作500本がぎっしり−

ダン・ブラウン
  ダ・ヴィンチ・コード ヴィジュアル愛蔵版
  天使と悪魔
  ロスト・シンボル

リリー・フランキー
  東京タワー −オカンとボクと、時々、オトン−

アンネ・フランク
  アンネの日記(増補新訂版)

クリストファー・プリースト
  奇術師

ウィリアム・ブリテン
  ジョン・ディクスン・カーを読んだ男

イアン・フレミング
  007 カジノ・ロワイヤル
  007/死ぬのは奴らだ

−ヘ−

デボラ・J・ベネット
  確率とデタラメの世界 偶然の数学はどのように進化したか

アーネスト・ヘミングウェイ
  老人と海

アントワーヌ・ベロ
  パズル

−ホ−

星新一
  ボッコちゃん
  盗賊会社

エドワード・D・ホック
  サム・ホーソンの事件簿1

ほぼ日刊イトイ新聞・編著
  ほぼ日手帳の秘密 2007−14万人が使って、14万人がつくる手帳。− 

本多勝一
  中学生からの作文技術
  →(その1)(その2)
  本多勝一集19 日本語の作文技術

本の雑誌編集部・編
  SF本の雑誌

−マ−

ヴァル・マクダ−ミド
  殺しの仮面

フィリップ・マクドナルド
  迷路

リチャード・マシスン
  不思議の森のアリス

町田康
  夫婦茶碗

松尾芭蕉
  おくのほそ道 新版−現代語訳/曾良随行日記付き−

松田行正
  et−128件の記号事件ファイル−

的川泰宣
  小惑星探査機はやぶさ物語
  小惑星探査機「はやぶさ」の奇跡−挑戦と復活の2592日−

−ミ−

三浦しをん
  まほろ駅前多田便利軒

水村美苗
  本格小説 −日本近代文学−
  日本語が亡びるとき−英語の世紀の中で−(2010/2/7,読了できず)

湊かなえ
  告白

A.A.ミルン
  赤い館の秘密

宮部みゆき
  ブレイブ・ストーリー
  楽園(上)
  楽園(下)

−ム−

武良布枝
  ゲゲゲの女房−人生は…終わりよければ、すべてよし!!−

村上春樹
  羊をめぐる冒険
  ダンス・ダンス・ダンス
  アフターダーク
  1Q84−a novel−BOOK1 4月−6月
  1Q84−a novel−BOOK2 7月−9月

村上龍
  ヒュウガ・ウイルス 五分後の世界2
  69(,村上龍自選集1より)
  村上龍映画小説集(村上龍自選集1より)
  限りなく透明に近いブルー(村上龍自選集1より)
  半島を出よ

村山由佳
  キスまでの距離 おいしいコーヒーのいれ方1

−メ−

A・E・W・メースン
  矢の家

目黒考二
  笹塚日記
  笹塚日記 親子丼篇
  笹塚日記 うたた寝篇
  笹塚日記 ご隠居篇

−モ−

森達也
  放送禁止歌
  下山事件(シモヤマ・ケース)

森見登美彦
  〈新釈〉走れメロス−他四篇−
  恋文の技術

森村桂
  天国にいちばん近い島 地球の先っぽにある土人島での物語

−ヤ−

柳瀬尚紀
  日本語は天才である

矢野健太郎
  角の三等分

山田詠美
  蝶々の纏足・風葬の教室

山根一眞
  はやぶさの大冒険−小惑星探査機−

山本兼一
  利休にたずねよ

山本弘
  神は沈黙せず

山本文緒
  紙婚式

トーベ・ヤンソン
  たのしいムーミン一家 山室静/訳

−ユ−

−ヨ−

横溝正史
  本陣殺人事件
  車井戸は軋る/黒猫亭事件
  金田一耕助の冒険1
  犬神家の一族

吉田修一
  初恋温泉
  パーク・ライフ
  東京湾景
  悪人

吉田武
  はやぶさ−不死身の探査機と宇宙研の物語−

よしだまさし
  姿三四郎と富田常雄

吉本隆明
  思想のアンソロジー
  日本語のゆくえ

よしもとばなな(吉本ばなな)
  ひとかげ

万大
  通勤電車で座る技術!

四方田犬彦
  ブルース・リー 李小龍の栄光と孤独

−ラ−

−リ−

ジャック・リッチー
  クライム・マシン

デイヴィッド・リンドリー
  そして世界に不確定性がもたらされた ハイゼンベルクの物理学革命

−ル−

デニス・ルヘイン
  シャッター・アイランド

−レ−

アレクセイ・レオーノフ(+デイヴィッド・スコット)
  アポロとソユーズ 米ソ宇宙飛行士が明かした開発レースの真実

連城三紀彦
  造花の蜜
  人間動物園

−ロ−

J.K.ローリング
  ハリー・ポッターと賢者の石
  ハリー・ポッターと賢者の石(再読時)
  ハリー・ポッターと秘密の部屋
  ハリー・ポッターと秘密の部屋(再読時)
  ハリー・ポッターとアズカバンの囚人
  ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団
  ハリー・ポッターと謎のプリンス
  
−ワ−

若島正
  明るい館の秘密(『乱視読者の帰還』所収)(その1)(その2)(その3)(その4)(その5)

渡辺淳一
  雪舞
  白き手の報復

−ン−

↓クリックの応援よろしく!
banner_04.gif
人気ブログランキング
posted by アスラン at 02:13| Comment(2) | TrackBack(1) | 書評index | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
太宰治のこころ。
からたどり着きました。
寺島しのぶが賞を取ったのをきっかけに江戸川乱歩の芋虫を読みました。読まれたことあるかもしれませんが、ぜひ感想がしりたいです

キャタピラーは戦争の悲惨さ?世界平和を訴えてるらしいが…芋虫を読み終えて、私は違うように感じました。
Posted by ちえぽん at 2010年03月04日 08:36
ちえぽんさん、コメントありがとう。

「太宰治の」ではなくて「漱石の」だと思いますが、それはさておき、寺島しのぶが主演の「キャタピラー」の原作が乱歩の「芋虫」だとは初めて知りました。びっくりです。

 乱歩作品は全集を読破する夢を抱いているので、小説はおそらく全部読んでいます。少年探偵団シリーズを含めた児童文学が途中で、評論が手つかずというところで中断しています。

 「芋虫」はなんどか読んでいますが、何度読んでも後味はよくありません。それは何故かというと、そういう小説だとしか言いようがありません。少なくとも戦争の悲惨さに目を向けて書かれた小説でないことは確かです。

 ここですべてを尽くす事はできませんが、まず乱歩本人は異常でもなんでもない普通の人間でした。それは言っておかねばなりません。でも、何か目を覆わんばかりの異形のものが目の前にあったら、それを見ずにはいられない、そういう独特の感覚があったのではないでしょうか。

最近でこそ町中では見かけなくなりましたが、僕が子供の頃は足先がなかったり手首がないような傷痍軍人が物乞いをしている風景は当たり前のようにありました。ましてや乱歩の時代は、まさにそう言う「残酷さ」そのものが目の前に転がっていました。

乱歩の関心の中心には、人間が人間とは思えないような鬼になったり虫になったり、時に押絵の人形になったりして目を奪われる事があるということ、それだけだったような気がします。

ですから、戦時中は「芋虫」など多くの作品が当局から発禁処分を受けたり、伏せ字だらけでようやく出版される事がありましたが、当局にしたところで、どこに作者の意図があるのか図りかねたのが正直なところではなかったかと思います。
Posted by アスラン at 2010年03月04日 19:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/45249384
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

w)やっぱ温泉物語
Excerpt: 吉田 修一 初恋温泉 出会った瞬間、一目惚れ! というのが、この本の装丁。 まさに、温泉そのもの。 ちょっとバスクリンを入れたような緑色が、 それでも目に優しくて…。 タ..
Weblog: 酔芙蓉に恋をして
Tracked: 2007-07-15 01:41
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。