2005年06月22日

ジョゼと虎と魚たち 田辺聖子

あの子というのは、碧が結婚するつもりの相手らしいが、彼女はその相手に敬語を使っていない。「あの子」というのもいかにも雑駁で心安立てだが、そこにはずいぶん親しげなひびきもある。
(うすうす知っていた)


いつもこれが終り、と思って大庭に対うので、その次に逢ったときは夢のように思う。大庭にはいわないが、自分で以和子は、
(まるで心中する前夜の男と女みたいや…)
と思って、ありったけの楽しみをむさぼる。
(雪の降るまで)


 女は怖い

 何をいまさらと言われそうだが、田辺聖子の描く女性たちにしばし寄り添ってみるとよく分かる。

 短篇で描かれるのは、奥手で婚期を逃した挙句に先に結婚を決めた妹を妬む女性から、前妻と子供の所に不機嫌そうに通いつめる夫の行為に、こっちが愛人みたいと苛だつ妻だったり、体も心もぴったり嵌り込むくせに毎回毎回初めてのような心持ちで逢うだけでそれ以上は求めないOLだったりと様々だ。

 強い女もいれば弱い女もいる。弱さを見せたくない女もいれば、こうと決めた相手には弱さをさらけ出す事を恥じないジョゼみたいなのもいる。

 ただ一つ、彼女たちに共通しているのは好きな男ならば丸ごと好きになる愛情の深さであり、身を心も丸ごと投げ出す潔さだ。

 もちろん逆の場合は手加減しない。昔の男であっても金を無心にくるなら可愛げがあるが、あろう事か自分の落ちぶれた体験を売り込んで原作料を当て込むような奴は容赦なく切捨てる。

 もちろん、手加減なし容赦なしだから「女は怖い」などと言うのではない。好きな男ならどこまでも好きという徹底さが怖いのだ。

 おそらく逃げられない。惚れられた男には、どこにも逃げ道はないのだ。しかもホントに怖いのは、男にしても彼女しか考えられないと思える事なのだ。恒夫にとってのジョゼが、大庭にとっての以和子がそうだったように。

 著者の筆づかいは柔らかでちょびっと古風で、それでいて仰々しくなくユーモアに溢れている。

 だからこそユーモラスで暖かい文章の中に、可愛さも健気さも妬ましさも淋しさも体のほてりまでも彼女たちの何もかもが描かれたら、男はもう恐れ入るしかないのだ。

さて素直にこうべを垂れた男どもの救いと言えば、田辺聖子の描く女性たちは男とはどんな生き物かちゃんと理解してることだ。

 自分にとって都合のいい部分だけ取り出して男だなどという虫のいい考えを持たないのだ。

 例えば最近僕は、まさに虫のいい女性が出てくる小説を読んだ。
 「東京タワー」というタイトルで。

(2005/06/21読了)


↓クリックの応援よろしく!
banner_04.gif
人気ブログランキング
posted by アスラン at 00:50| Comment(4) | TrackBack(5) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして、five55です。
TBありがとうございます。

この映画いいですよね。
マジで好きです。

面白そうなことが書いてありそうなので、
また、来ます。

以上。
Posted by five55 at 2005年08月31日 01:17
five55さん、コメントありがとう。

書評から映画評にTBしちゃったので申し訳ないけど、映画は観てません。
ただ、監督の犬童一心さんの「金髪の草原」は観てます。このときも池脇千鶴主演だったし、映画自体の雰囲気がよかったので、今回の出来のよさも納得できますよ。

今後もよろしく。
Posted by アスラン at 2005年09月03日 23:45
作者の人間性を疑う言い表しが本文にあり、残念で…その先読まずに処分しました。
本当に残念と言うか…がっかりしました。
本文中の登場人物を見下す例えに、「聴覚障害者では…」と・・・
Posted by ゆうこ at 2009年08月15日 23:08
ゆうこさん、コメントありがとう。

そうでしたか、それは残念でした、としか言いようがありませんね。「作者の人間性を疑う」というのは少し思い込みが過ぎるような気もしますが、かなり前に読んだ本なので今となってはなんとも言えません。

僕個人としては本書の物言いに引っかかりはしませんでした。そもそも田辺聖子という作家はヒューマニズムという幻想を持っていない作家で、間違いを恐れずに言うならば、特定の人種や性別や障害者などにあえて無用な遠慮をすることなく、自分の思ったことは言葉に出来る存在だと感じました。

それが生理的に嫌いでも、心情的に嫌いでも、それはそれで読み手を選ぶ作家かもしれませんが、逆にあけすけのなさが多くの人に好まれる美点でもあります。

もちろん、田辺聖子という作家にとくに肩入れする言われも何も僕にはありません。一つの意見だと思ってください。
Posted by アスラン at 2009年08月16日 22:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

『ジョゼと虎と魚たち』、観ました。
Excerpt:  『ジョゼと虎と魚たち』、観ました。 ある日、大学生の恒夫は、坂道を暴走する乳母車に
Weblog: 肯定的映画評論室ココログ支店
Tracked: 2005-06-23 20:31

ジョゼと虎と魚たち
Excerpt: 「あんたも足、切ったらええやん…」何はともあれ妻夫木君が泣き崩れるラストシーンが印象的だ。この作品はそこに尽きる…。誰もが戸惑うズルさ?偽善?といったテーマをとてもうまく表現している素晴らしい作品だと..
Weblog: アンチ・ハレルヤ♪
Tracked: 2005-06-27 07:08

昨年の最高のお気に入りと言えば、「ジョゼと虎と魚たち」でしょ。
Excerpt: 今年になって、Blogを書くようになり、何度か、トラックバックを頂いたり、トラックバックをすると何度も、目にするのが、この映画です。「ジョゼと虎と魚たち」 http://jozeetora.com/..
Weblog: 与える林檎、かじりつく僕
Tracked: 2005-08-30 00:36

ジョゼと虎と魚たち/田辺聖子
Excerpt: 妻夫木聡と池脇千鶴の共演が素晴らしかった「ジョゼと虎と魚たち」は田辺聖子氏の短編小説が原作となっています。私は小説を先に読んで非常に感動し、映画を見てもう一度感動しました。 小説と映画は設定やス..
Weblog: 文学な?ブログ
Tracked: 2006-05-26 02:36

ジョゼと虎と魚たち
Excerpt: ジョゼと虎と魚たち2003/116min/犬童一心/妻夫木聡story大学生が乳母車に乗って散歩する足の不自由な女の子に出会います。point登場から乳母車の中をから包丁を振り回すという変でキュートな..
Weblog: playtcafe*cinema*art*
Tracked: 2006-08-09 01:59
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。