2007年05月22日

電車にハマる我が子はテツになるのか?

2007年5月20日(日)

 喘息の気がある我が子が、ここ数日の寒暖の差のせいで咳と鼻水をぶり返してきた。こうなると予断を許さないのが2歳児の育児というものだ。夫婦ともに子供の不調を長引かせないように細心の注意を払うことになる。まあ、そもそも咳を持ち込んだこと自体、僕らの〈細心の注意〉なるものが足りていないのかもしれないが、子供はいつ熱が出たりどこで怪我してくるか判らない、とにかく危うくて脆い存在なのだ。

 相方は「週末の外出禁止」を宣言したが、外出しないとなるとこれでまた問題が発生する。元気のありあまった子供は一日中部屋の中で傍若無人に振る舞う。親の背中に覆い被さったりヘッドロックしてきたり、髪をひっぱったりめがねをはたいたりする。

 前の晩に添い寝してつい気を抜いて眠りこんだら、いつの間にかめがねのフレームがひしゃげて、両方のレンズがころげおちていた。薄闇の中でなかなか寝ないでこちらに笑顔を振りまく我が子にこんこんと説教したのは言うまでもない。笑顔を変えないのでしゃくにさわって「ごめんなさいは?」とごり押しすると、一瞬殊勝な顔で「ごめんちゃい」と言う。嘘だ。こいつには気に病むという姿勢はない。

 それもこれもまだいいとしよう。外出させないで食後の昼寝をしてくれないと、僕ら夫婦のつかの間の自由時間が週末から消え去ることになりかねない。相方の外出禁止宣言は即刻却下した。とにかく無理せずに疲れさせること。それが外出・遊ばせ担当の僕の使命だ。

 いつもの公園だとおとなしくしないのは必定だ。それで今日は抜けるような青空と暖かな初夏の陽気なので、多摩川の緑地に向かうことにした。いつもなら夕刻に日が落ちる少し前の多摩川を連れ回すけれど、今日は広々としたところをちょいと歩かせたい。その前に図書館に行って取り寄せた本を取りに行こう。

 EXPO70伝説−日本万国博覧会アンオフィシャル・ガイドブック−

 エキスポランドの事故に記憶を触発されたわけではない。ちょうど読書友達から、都築響一の著作をすすめられてその中の「インスタントフューチャー」が大阪万博の写真集だったので、あのときの興奮が愛知万博開催時のように戻ってきた。と同時に「インスタント…」が不完全燃焼だったので、ここらで大阪万博を振り返る読書を一気にやろうと思ったら、あのエキスポランドの事故だ。なんかケチがついたが、それ以上に仕事が忙しくて一度借りたが手付かずに返却。今回はリベンジ読書だ。

 息子には

 まちからうみへはしれ江ノ電
 最新電車ものしり

の2冊を借りた。どちらも絵本というより写真集もしくは図鑑もどきだ。最初のが江ノ電だらけ。後ろのが最新電車が勢揃い。といっても1996年出版の〈最新〉だ。よかれと思って借りたのだが、これが後で後悔のタネになる。

多摩川緑地070520-01.jpg 多摩川の緑地には広大な芝生と整備されたいくつかのグラウンドがあり、その周囲を歩道が取り巻いている。僕らのように自転車でスイスイと移動する人もいるが、ツールド〜ばりに流線型のヘルメットにぴっちりとしたトレーニングシャツに短パンでひたすら高速で車体を走らす人たちに次々とおいぬかれていく。今日は空気は澄んで遠くの山々がはっきりと見えるが、あいにく雲がおおい。ただし風景としては雄大さが感じられる。

 草野球や少年野球を興じる大人や子供やその親たちの姿を横目にしながら、中央線の鉄橋にむかう。
 多摩川緑地070520-02.jpg 鉄橋の脇には木製で背のないボロボロのベンチが間隔をおいていくつか置かれている。いつもいくと日光浴をかねてねている人やお弁当をたべている人、夕方にはきまってホルンを練習する人などの憩いの場となっている。

僕らも自転車からおりてベンチでひたすら赤い快速電車や白い車体に虹色のペインティングの特急(?)をやりすごしては、

 「来たよ」
 「来たね」
 「いっちゃったあ」
 「来るかなあ」
 「まだかなぁ」

などという会話を交す。ときどき振り替えると遠くに多摩モノレールが横切るのが見えて、一粒で二度と美味しいスポットなのだ。

 さて自宅に戻って、週末定番のつけめんと太巻きの昼食をたらふく食べて昼寝の時間。しかし我が子は軽い興奮につつまれてなかなか素直に寝てくれそうにない。なにより図書館で借りた二冊の絵本を布団のうえでも手放さず読んでとせがんでいる。目がイキイキとしている。まずい。

 けっきょく取り上げて押さえ付けるように寝かした。当然泣かれた。泣きながらも疲れと満腹とで指しゃぶりを始めた。目には大粒のなみだの跡が残った。そんなにもおまえは電車が好きなのか?

 川上弘美「真鶴」を読了。

 まえに怖い小説だと書いたが、読後はまぶしいばかりの光に包まれる。読者には爽快なカタルシスは訪れないが、不思議な安らぎは主人公と共有できそうだ。

↓クリックの応援よろしく!
banner_04.gif
人気ブログランキング
posted by アスラン at 12:14| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記(電車でカフェ気分) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
出来立てのBlog専用ランキングサイトです。
是非ご利用下さい。
m(__)m
http://blog.rank7.in/
Posted by ブログランキング at 2007年05月22日 19:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。