2005年06月05日

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 J・K・ローリング

 やっと読み終わった。仕事が忙しかった事もあるけど読みづらかった事も確かだ。

 ハリポタが読みづらかった?まさか!

 そんなわけないと思う人はたくさんいるはずだ。何しろ「ダ・ヴィンチ」の年間ランキング1位を獲得してるくらいだから。

 でも考えて欲しい。「不死鳥」を読んだあなた。「賢者の石」を読んだ時のワクワク感や先が読みたくて読みたくてたまらなるほどの興奮を味わえましたか?

 僕は味わえなかった。特に上巻。ハリーは思春期に入り、他人との違いや呪われた生まれに苦悩する。ハリーの苛立ちは読者である僕の苛立ちでもある。

 下巻になってややいつもの調子を取り戻す。先伸ばしされた謎が解決に向けて動きだすからだ。でも最後までハリポタ特有のカタルシスは訪れない。

 何故か?難しくなってしまったからだ。

 訳者のあとがきにあるように著者は「賢者の石」の4倍もある本作を「壮大な物語」へと仕立てあげるために書いている。つまり残り2作にせまる大団円に向けて大きな謎は先送り。伏線はちらばめたまま。そしてハリーは最後まで苦悩したままだ。

 確かにハリポタはゲーム世代の子ども達向けという装いはしているけれど、最初からオーソドックスなファンタジーだと思っていた。だが果たして「指輪物語」のようになる事を「賢者の石」を読んだ時に誰が期待しただろうか。

 いまハリポタはスゴく難しい舵取りをしようとしている。
(2004年12月10日読了)


↓クリックの応援よろしく!
banner_04.gif
人気ブログランキング
posted by アスラン at 00:23| Comment(2) | TrackBack(1) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。
「ハリーの苛立ちは読者である僕の苛立ちでもある」というのはわかるような気がします。
「指輪物語」や「シリマルリオン」なども含めた壮大な世界にまでいくかどうかは別として,今後の展開に期待をしています。
かなり以前の記事になりますが,そこにリンクを貼らせていただきました。
Posted by donmabo at 2005年06月11日 22:03
donmaboさん、コメントありがとう。

リンク先の記事読みましたが、同感するところが多いですね。特にハリーや周辺の人々が解決に向けて動き出すタイミングがどんどん遅くなってるところとか。これは当然ながらページ数が増えてることに起因してますが、単純な構成(山場は最後の最後にとっておく)によるものだと思います。
 donmaboさんも書いてますが、双子の活躍が作品中唯一手放しで楽しめたエピソードでしたね。
Posted by アスラン at 2005年06月12日 01:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

「不死鳥の騎士団」(4)−下巻まとめて−
Excerpt: ここまできたら,もうネタバレなんて気にすることもないでしょう。ということで,文字の色は変えずに書いていきます。前の「不死鳥」に   最初の「不死鳥」に今回は,みんなけっこうかっこ悪く,数多くの課題を残..
Weblog: まあぼの交差点
Tracked: 2005-06-11 21:48
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。