2005年06月03日

アフターダーク 村上春樹

 いつもの村上節とは違う…。

 書き出しから違和感を感じる。語りが「僕」の一人称ではないからだ。誰か得体のしれない人物の硬質な語りで始まる。

 しかも語りの位置は、いわゆる「神の視点」で書かれている。登場人物の姿も場所も時間の把握もすべて「彼」には見えているからだ。正直読み出した時点で、村上春樹は「僕」一人称以外の書き方は下手くそだなぁと思わずにいられなかった。

 おまけに登場人物の何人かは、いつもの「僕」クローンだ。タカハシと白川は特におなじような感性を持っている。セリフを互いに取り替えても良さそうだ。

 にもかかわらず最後に、闇の時間と空間が光のそれと入れ替わる交代劇を僕らは著者の狙いどおり静かに見守る事になるだろう。



posted by アスラン at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/4115703
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。