2012年06月12日

センセイの鞄 川上弘美(2005/06/01読了)

わたしはざぶとんにぺたりと腰をおろした。わたしがセンセイのことを思って悶々としていた間、センセイは蛸のことなぞで悶々としていたのである。(本文より引用)

 いきなり伊良子清白である。やられた〜。

 誰がこの明治の詩人を知ってるだろう。かく言う僕も知らなかった、高橋源一郎「日本文学盛衰史」を読むまでは。時代に先行しているとも気づかず失意の内に筆を折って、遠い北国で忘れられた半生を送った詩人。その寂しい孤独感が、センセイとツキコさんとに乗り移る。ふいっと行きつけの居酒屋のカウンターで隣り合わせ、注文する品揃えが同じ。でも「運命」と言う月並みなコトバを嫌うかのように言い立てる順序が違う。「巡り合わせ」と言ってくださいね、という作者の声が聞こえてきそうだ。

 センセイはツキコさんの卒業した高校の国語の教師だった。いまは年老いて引退の身。もちろんありえない話ではない。男と女だもの。だけど単にツキコさんが一方的にセンセイという存在に自分の孤独を委ねてるように見えなくもない。

 そんな恋人とも父娘ともつかない曖昧な関係を象徴するようにツキコさんの合いの手はいつでも「はぁ」と要領をえない。そこに時々「えっ」が入る。センセイのコトバにたじろぐツキコさんがいる。やっぱり恋だ、恋愛だ。ツキコさんの無意識は幾度となく描かれるトイレの用足しに表れる。飛び込みで入った居酒屋で遭遇する酔っ払いのゲスの勘繰りに憤慨するツキコさんの性をユーモアにくるんでさりげなく見せてしまう作者の手際は見事だ。そこからはかつての同級生・小島孝も、亡くなったセンセイの奥さんも、もはや鞘当てに過ぎない。歳の差さえもどうでもいい事だ。

 あとは自分の気持ちが先走る前にセンセイの気持ちを確認しなくては。後半のツキコさんの悶々と切羽詰まった気持ちはとっても微笑ましくいじらしい。

 な・の・に…。なのに、センセイは夕げに出された蛸を和歌に出来ないと悶々としてるのだ。センセイ、そんなじらさないでツキコさんの気持ち受け止めてあげなさいよ。そんなつぶやきが聞こえる。いや、それは僕のつぶやきだった。
旅路はるけくさまよへば
破れし衣の寒けきに
こよひ朗らのそらにして
いとどし心痛むかな   (伊良子清白)


(2005年6月1日初出)
posted by アスラン at 19:28| Comment(2) | TrackBack(3) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして、papie(ぱぴえ)と申します。
やっと見つかった、読書の友!!って感じで、感激してます!手始めはこの、「センセイの鞄」…あ〜、とってもいい気持ち!に、本の感想書かれていて、嬉しくなりました!大好きな本が、貴方の記事で、味わいが倍増!!これからも、寄らせて頂きま〜す!
Posted by papie(ぱぴえ) at 2005年07月10日 11:08
ぱぴえさん、コメントありがとう。

「センセイの鞄」評に目を留めてくれてありがとう。手前味噌だけど僕もよく書けた感想だと思ってます。なにより読書好きの人が一人でも読みたくなるような感想が書けると嬉しい。
 これからもぜひ立ち寄ってくださいね。
Posted by アスラン at 2005年07月10日 23:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/4049357
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

センセイの鞄
Excerpt: センセイは 先生じゃない 鞄の中      これ、映画じゃないかもしれない。でも、ここに書こっと。書こうと思ったのは、こんなことがあって・・・。  久しぶりに行ったお店でのこと。  「本日..
Weblog: 空想俳人日記
Tracked: 2006-04-06 06:52

センセイの鞄 川上弘美
Excerpt: センセイの鞄 ■やぎっちょ書評 突然ですが、 「カバン」と「くつ」の感じを混同せずに書けますか・・・?    いいえ、かけません! 鞄と靴でしょ。 カバンの鞄というのが曲者で、カバ..
Weblog: "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!!
Tracked: 2006-08-29 00:04

『センセイの鞄』 川上弘美著 文藝春秋 2004
Excerpt: まろまろごはん日記の中にパン・カテゴリを新しくつくった、まろまろ@オススメのパン...
Weblog: まろまろ記
Tracked: 2007-06-30 06:11
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。