2012年04月19日

羊をめぐる冒険 村上春樹(2004年11月19日読了)

 不思議な感覚だ、連作を遡って読むのは。特に「ダンスダンスダンス」から「羊」にリターンするのは。

例えばあれほど頻繁に出てきたダンキンドーナツが出てこない。かろうじて「ドーナツショップ」がでてくる。まだ「僕」にとってはリーバイスのジーンズほどのブランドでなかったのだろうか。

 本作の「僕」はまだ若い。それは若いという事が反社会的と同義であった時代の名残があるという意味で。羊博士も黒服の男もいまや無意味となったマルクス主義の終焉を語るし、なにより「僕」は学生運動にあけくれた日々をかくさない。いまや過去であるにしても。

 それに比べると「ダンス」の「僕」のなんと身軽になった事だろう。もう理論武装する必要もない。「「羊」でことさらに自分の好みのカルチャーを微にいり細をうがって描いた文体は「ダンス」にはない。もはやポップであることは反動でもなんでもない、当たり前の事になった。

それは「僕」すなわち著者自身の成熟を意味するのかもしれない。それとも高度成長期をやりすごすのと、バブルただなかをやりすごすのでは「僕」のスタイルが違うだけなのかも知れない。

 いずれにしても僕は「村上春樹」を遡り続けなくては。
(2005年5月25日初出)

posted by アスラン at 12:55| Comment(0) | TrackBack(2) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3882251
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

村上春樹について
Excerpt: 近所の書店で「海辺のカフカ」を見掛けた。英語の題名はKafka on the Shore 村上春樹の中国での人気はネットでも見ていたが、ここイギリスでも書店にムラカミコーナーが設けられるほどだ。 ..
Weblog: 毒入りチョコレート
Tracked: 2005-05-26 08:06

忘れられない物語
Excerpt: ラブ&ポップ/村上龍ライン/村上龍テニスボーイの憂鬱/村上龍最後の家族/村上龍イン ザ・ミソスープ/村上龍風化水脈/大沢在昌天使の牙/大沢在昌撃つ薔薇/大沢在昌羊をめぐる冒険/村上春樹ノルウェイの森/..
Weblog: ドイケンブログ 妄
Tracked: 2005-07-17 08:36
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。