2005年05月19日

魍魎の匣 京極夏彦(2004年9月17日読了)

 まずなにより、純粋な推理小説のたぐいじゃない。トリックや、フェアな本格推理を期待して読むとだまされた気分になる。しかもミステリー好きの読者ならば、トリックや犯人なんか、最初の方ですぐにわかってしまうかもしれない。まだまだこんなにページ数が残っているというのに。でも、それで読むのをやめたくなるかと言えば、さにあらず。すでにそのときには、京極夏彦のストーリーテリングの魔力に引きずりこまれてしまっているはずだ。

 例えば、同系統のおどろおどろしさを生涯のテーマとした作家・横溝正史は、きわめて理性的に、時に官能的に、人間の暗さを描き続けたし、江戸川乱歩は自らの暗さに照らし合わせて人間の心の闇を描いたけれど、本書の著者は、そのどちらとも違って心に棲む闇を妖怪の姿に変えて描き出す。

 だからエンディングに近づくにつれて、怒濤のように「うぅぅlってなるようなストーリー展開を覚悟しないといけない。オカルトやらホラーが好きな人は抵抗無く読める。特に、怖いものみたさの女性の心に訴えるところがあるんじゃないかなぁ。。

 僕はというと、ようやく2作目にして京極の世界に入り込んできた感じだ。面白いのは、「語り手」のワトソン役がいて、京極堂という本屋の主人兼「陰陽師」がいて、その他に「探偵」がいて、「刑事」がいるという風に、個性的な常連たちが役割分担されて配置されている点だ。これまでのところ、一作ごとに彼らのいずれかが犯罪の渦中に過剰に関わりすぎてしまい、精神的にも肉体的にもダメージをうけつつストーリーが進行する点が、とにかく独創的だ。

 今回の「魍魎の匣」は、それ以外にも注目する点がある。明らかに乱歩の名作「押し絵と旅する男」にインスパイアされて書かれているのが、とっても微笑ましい。それにしても後味悪いな〜。
(2005年5月19日初出)
posted by アスラン at 09:32| Comment(4) | TrackBack(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 魍魎の匣は、京極堂のシリーズの中では2番目に好きな話です。ストーリーはちょっと滅茶苦茶気味ですが、薄気味悪くて悲しい感じがよかったかな。

 京極って、女性に人気なんですか?知らんかった・・・
Posted by しのきち at 2005年12月15日 22:47
しのきちさん、コメントホントにどうもありがとう。

2番目ですか。1番目は何だろう。
女性に人気というのはちょっと独断的・個人的印象です。僕の会社の同僚(女性)のネット仲間に京極にはまってる女性がいて、勧められて読んだ同僚は「これはミステリーではない」って感想言ったら絶交されたそうです。

どうもそういうはまり方をした女性京極フリークは結構いるようです、ハイ。
Posted by アスラン at 2005年12月16日 01:06
 1番は、京極堂シリーズの話が出るたびに名前を出している絡新婦です。言わずもがなかな・・・と思い、割愛しました。

 またちょくちょくお邪魔させてもらうと思いますので、よろしくお願いいたします。
Posted by しの at 2005年12月16日 23:06
そうでしたね、絡新婦。
絡新婦の感想はまだ書いてなかったなぁ。

 あれは最初から犯人が分かってしまう京極にしては珍しいお話しだったので、ちょっと意外でした。
たしかにどなたかがいうように、何か元の趣向があってそれを著者が自分なりに書いてみたかったのかもしれません。

 これからも懲りずにご足労くださいませ。
Posted by アスラン at 2005年12月20日 01:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3742950
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。