2007年03月16日

犬神家の一族 横溝正史

 意外なことではあるが、今回初めて読んだようだ。いやそんなはずはないか。一時期横溝作品を文庫で買いあさっては読んでいたから、少なくとも代表作と言われる作品は読んでいるはずだ。しかし今回読んでみて原作に既読感がないのだ。

 「本陣殺人事件」「獄門島」「悪魔の手毬唄」「悪魔が来たりて笛を吹く」「女王蜂」などはすべて読んでいる。「八つ墓村」でさえ読んだ。<さえ>というのは、どうもあの作品はオドロオドロしいだけで本格ミステリーとしての面白みに欠けると思ったからだ。

 そう、「犬神家の一族」にもそういう感じがしていたのだ。その理由はひとえに映画の印象に寄るものだろう。中学から高校にかけて横溝正史の金田一耕助シリーズが大ブームとなり、とくに市川崑・石坂浩二コンビの映画が大ヒットしていたから内容的にはよく知っていた(つもりだった)。そしてその後シリーズ化された作品と比べると、正直言って印象が薄い。例えば古谷一行主演で好評だったテレビ版金田一シリーズは、やはり「犬神家の一族」で始まっているのだがこちらもあまり記憶にない。それよりも次の「本陣殺人事件」の方に衝撃を受けているから、やはり「犬神家の一族」は自分の好みではなかったようだ。

 今回、原作を改めて読んでみると予想以上によく出来ている事に気づいた。なにより自分の好みに合わないと思っていたのだが、面白さの点では横溝作品で一、二を争うのではないかとまで思うようになった。自分の中で評価が変わったのは、映画と原作との違いに気づいたからに他ならない。ではなぜ映画版「犬神家の一族」では自分の好みに合わなかったのか。何が不満で原作の何が気に入ったのかを考えてみたい。

 まず、映画版にはストーリーの面白みは確かに感じられるが、見たて殺人の派手さがなく、トリックや謎解きの醍醐味に関しては他の代表作と比べると見劣りがする。そのせいか死体そのもののどぎつさ・おどろおどろしさがかえって際だつ結果となっていてキワモノという印象があった。

 例えば「犬神家の一族」に続いて映画化された「悪魔の手毬唄」や「獄門島」では、手毬唄や俳句に見立ててセンセーショナルで艶やかな殺人が行われる。対して「犬神家…」では、家宝である三種の神器「斧・琴・菊」を<見立て殺人>の素材に用いているが、素材としての弱さ・物足りなさは否めない。要は地味なのだ。

 そこで、斧を「よき」と読ませ3つつなげて「良き事聞く」という言祝ぎ(ことほぎ)となる犬神家の家宝が、犬神佐兵衛翁の死をきっかけに呪いの言葉に様変わりするという皮肉をこれでもかというくらいに描き込むことで、素材としての価値を演出していくことになる。一度は佐兵衛翁によって愛人の手に渡った三種の神器は、それを鬼のような非道で取り戻した三人の娘(松子・竹子・梅子)と佐兵衛翁との確執の象徴でもあるし、愛人・青沼菊乃と静馬の親子にとっての復讐の象徴でもある。

 ここまでは原作・映画ともに共通しているが、その描き込みの手際は原作と映画とではだいぶ違っている。特に三人の娘が青沼菊乃から三種の神器を取り戻すシーンは残酷な見せ場の一つだが、映画ではスローモーションを使ったり三人の娘にあえてケバケバしい化粧を施したりして残虐そのものを描く事を回避している。原作はその点で映画よりも生々しい。克明に丁寧に三人の娘が菊乃と静馬に折檻を加える場面を描写する。そしてあの飄々としてとらえどころにないはずの金田一耕助に<冷や汗>や<ムカムカするような吐き気>を催させている。

 これはもちろん視覚を直接刺激する映画と、文章だけで想像力をかき立てる小説との表現方法の違いからくる選択であるのだが、ここで指摘しておきたいのは原作の徹底さである。この場面が重要なのは、すべての殺人が三種の神器に見立てられる必然性を読者に納得させるためだけではない。ここに言わば横溝正史のオリジナリティがあるからだ。

 手鞠唄や俳句による<見立て>は、クリスティやクイーンが書いた童謡(マザーグース)殺人の焼き直しに過ぎない。しかし三種の神器やことほぎの語呂合わせは古代日本からの風習や文化に依拠しており、それを見たての素材として用いるというのは著者の独創だ。そして原作では、神器の語呂合わせを始めとして洒落にとことんこだわる。見立て殺人そのものが洒落尽くしで、菊人形の首のすげ替えという発端の殺人の洒落はなるほどと思わせるが、湖水からニョッキリと2本の足が出る有名な逆立ちの殺人は実は途方もないダジャレなのだ。こうまで洒落にこだわるかと正直思わないでもない。

 ところが、映画では金田一は逆立ちの洒落には触れていない。指紋照合によって佐清ではないと判ってうろたえる等々力警部に対して、映画の金田一は淡々とした口調で「青沼静馬ということになりますね」と答える。それまでの飄々とした存在から一転して、事件の真相を見抜いた探偵が主導権を握る重要なシーンだ。

 ここでいやに深刻ぶる金田一が、ダジャレに近い見たてを持ち出すとシリアスな場面に軽ろみが出ることを監督が嫌ったのかもしれない。それとも、神器自体の素材の弱さを補う一種の小細工と見て、映画では無用と判断したのか。いずれにしても市川崑は、原作のバタくさい部分を周到に消していったと思える。

 それがよく分かるのは、映画前半のクライマックスである佐兵衛翁の遺言状のシーンだろう。原作では遺言状がひとしきり読み上げられた後で、次のような語りが入る。

 この五人の生と死との組み合わせが、あらゆる場合の可能性を追究していく、一種のパズルのようなものであった。

 この直前では、読者に分かり良いよう要点だけを描いて細かい内容は割愛したとまで断っている。映画しか見てない方はハテナと首をかしげるだろう。確かに珠世が佐清・佐智・佐武三人をそれぞれ選んだ場合の分与規定が逐一決めてあったり、財産を五等分して5分の2を静馬に与えて残りを三人の孫に分け与える事などは細かいと言えばそうだが、パズルとまでは言えまい。

 実は遺言状には後半があり、映画では省略されている。特に重要なのは珠世が亡くなった場合の規定だ。財産の分け方は前述した通りだが、三人の孫のいずれが亡くなっても静馬の取り分に全額加算されるという項目だ。これは黄金期の本格ミステリーでおなじみの〈トンチ式年金法〉と言われる約束ごとで、一人死ぬごとに残された人間が得をするという規定だ。殺人をゲーム化する黄金期ならではの趣向だが、特定の人間(静馬)が得をする事が最初から明らかにされているという設定はきわめて異例だ。

 著者が遺言状に仕掛けたトリックはそれだけではない。最後の謎解きで犯人の口から明かされるように、珠世が死ねば事業はすべて佐清のものだが財産は5分の1のままだ。だが静馬は倍もしくはそれ以上もらえる可能性がある。しかも<静馬が分け前を貰えるのは、珠世が死ぬか、三人と結婚せずに相続権を失うかのいずれか>である。つまり静馬に分け前を与えない唯一の方法は珠世を生かす事だ。

 佐兵衛翁の遺言状には万が一にも珠世を殺させないための巧妙な仕掛けが仕込まれていたのだ。そしてそれを隠すために、本格ミステリーファンならよく知っている<森>を作ったのだ。あのブラウン神父の「葉っぱはどこに隠すか?」「森に隠す」という問答どおり、複雑怪奇な遺言状パズルこそが<森>だった。

 これだけでも僕がかつて抱いた「トリックや謎解きの醍醐味に関しては他の代表作と比べると見劣りがする」という印象は大きな誤解だったと判るだろう。

 さらには2番目の被害者・佐智の殺人でも、同様な醍醐味が感じられる。佐智は珠世を陵辱しようとして果たせず、疲れ切って犬神家に戻ってきたところを殺害される。ここから死体が元の空き家に移動させられるのだが、佐智のシャツのボタンを小夜子が持っていた事、佐智を縛った縄が緩みなくしまっていた事から金田一は見事な推理を示す。これなども僕がまさに期待していた本格推理の醍醐味だ。醍醐味という字義どおり原作の非常にバタくさいところでもある。

 映画を見た方はお気づきだろうが、映画では佐智は犬神家の屋根の上で見つかる。天窓から引きつった死に顔を見せるシーンは当然原作になく市川崑のアイディアだ。センセーショナルな演出であると同時に、恋人であった小夜子が精神異常をきたす理由付けになる。と同時に、原作の<ボタンと縄目の謎>を省略できる。これを省略と見るか故意の削除と見るかは意見が分かれるだろうが、僕には市川監督の<故意>と判断する。なぜか。

 横溝正史の金田一シリーズの特徴の一つは、古来から因習と血に縛られた日本人の怨念と渾然一体となった叙情だ。この部分は市川監督のテーマにかぎりなく共鳴するのだが、もう一方で原作は本格ミステリーとしてのゲーム性に際立った作品でもある。だからお遊び的な要素を深刻で凄惨な場面に大胆に持ち込むことを著者は忘れない。アメリカを流浪して麻薬中毒にもなったという永遠のプータロウ探偵を主役に据えた所以でもある。

 市川監督は原作のもつゲーム性を十分理解しつつ、周到に消してまわっている。それには犯罪としてのリアリティの問題が大きく関係している。もともとこの事件は計画的な犯行ではない。奇妙なのは殺人の犯人と死体遺棄(見立て)の犯人とが別々に存在するという点だ。それを可能にしているのが数多くの偶然だ。そしてまさに偶然の連続が生み出す悲喜劇こそがストーリーとしての「犬神家の一族」の面白さの核心にある。

 ブログで映画の感想を読むと<偶然が多すぎる>とか<佐清が戦地でグズグズしてなければ事件は起こらなかったのではないか>というまことしやかな意見が目につく。しかし原作で「恐ろしき偶然」と堂々と語られるように、これはストーリーの核心であって弱点ではないはずだ。

 問題は偶然に操られた物語と、リアリティを伴わずにはいられない演繹推理とが、一見して噛み合わない点だ。偶然を信じれば推理はリアリティを失うし、推理を信じれば<偶然が多すぎる>ということになる。そこで市川崑監督は叙情にテーマを絞った。遺言状の<森>もボタンも縄目も逆立ちの見立ても、すべて故意に捨てたのだ。

 間違ってもらっては困るが監督は捨てただけではない。叙情を演出するために<加える>ことを忘れていない。例えば原作の終わり方はこうだ。

 那須湖畔に雪も凍るような、寒い、底冷えのする黄昏のことである。

 すべての謎があの大広間で明かされ犯人が自殺を遂げた場面に続く語りである。「底冷え」という言葉に注目して欲しい。震撼させられた連続殺人と、そこに秘められた悲喜劇との余韻を残したまま原作は終わる。

 対照的に、映画のエンディングは金田一の旅立ちシーンだ。しかも春のような暖かさに満ちている。映画ではあえて<暖かさ>に満ちた叙情を付け加える必要があった。バタくさい推理ゲームを捨てた監督が選択したのは、血を分けた<親子の愛憎>という情の世界だ。だからこそ犯行動機に、息子への愛情だけでなく原作にない父・佐兵衛翁による<操り>を付け加える。つまり犯人と父との愛憎を原作以上に拡大して見せたのだ。

 その上で金田一によって一切が暴かれ、犯人が自らの命を絶った瞬間に犬神家を覆っていた呪縛が解ける。金田一映画屈指の叙情的なラストは、シリーズ次回へと繋ぐ名探偵のポーズであると同時にすべての呪縛が解けて残された人々に春が訪れた事を高らかに宣言する市川監督のロマンティシズムに溢れている。

 さて僕はこのエンディングが嫌いではない。監督のロマンティシズムを代弁する石坂金田一の"はにかみ"も好きだ。だからこそ、さらにシリーズ中もっとも叙情的なラストをもつ「悪魔の手毬唄」よりも見劣りがしてしまうのはやむを得ない。

 最後に原作のエンディングについて述べておこう。原作はなぜ犯人の死とともに大広間の場面で終わるだろう。それは、地の文章の中に、原作の主題である<親子の情>と<恋人どうしのロマンス>を描き尽くし、そしてなにより信州の叙景を十分に織り込んだから、ことさら余韻をひきのばす必要がなかったのだ。原作を未読の方はぜひクライマックスに至る著者の筆致を味わってほしい。逆立ちした<佐清>の死体は、<底冷え>のする那須湖に張られた氷の中から現れ、やがて雪景色となる湖畔から雪ヶ峰へと復員兵を追う大捕物へとなだれ込むのだ。

 そしてあえて最後に言えば、映画では金田一耕助を、石坂金田一を主役にする必要がぜひともあったが、原作では金田一は部外者として立ち会った言わば<行きずりの人>で終わらせている。謎が解け犯人が退場した今、金田一もそっと退場していくのが原作者・横溝正史のロマンティシズムだった。

↓クリックの応援よろしく!
banner_04.gif
人気ブログランキング
posted by アスラン at 13:03| Comment(4) | TrackBack(2) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。

TBありがとうございました。
私は原作を完全に忘れていますので、記事大変興味深く拝読させていただきました。

><森>を作ったのだ。
これは唸りましたね。佐兵衛翁の深い思いを考えると頷けます。そして偶然の件もおっしゃる通りだと思います。そして映画との比較で強く感じたのはやはり、映画は尺との闘いが大きく関係してくることですね。さらには意味が違うかもしれませんが、以前記事にした点、あえてえ描かないことで作風全体を守る点。これを再度強く私は感じました。
ただ、映画の比較はリメイクでされているのでしょうか。間違っていたらすみません。遺言上とラストの記述でそう感じたもので。私は市川+石坂版の大ファンですが、リメイクには複雑な思いをもっています。リメイクのラストシーンこれは監督の深い思いが込められていると思いますが(市川監督自身もオリジナルのラストはすきだが今回あえて変えた様です)、やはりオリジナルのが・・・。
とにかく、今回は私が全く気付かなかった点等の記述もあり、非常に勉強させていただきました。私もやはり原作を読み返したいと強く感じました。

Posted by イエローストーン at 2007年03月19日 14:36
追伸。

アスランさん、こんばんは。
正直、あやまります。以前、私からお邪魔して、そちらからもコメントいただいていたんですよね。TBをもらってお伺いしたときにお邪魔したことあるかもと思っていたのですが、“記事を楽しみまっております”などと返信しておきながら、確認する前に、その書かれている内容に私なりに衝撃をうけ、すぐに仕事の合間にもかかわらずコメント入れてしまいました。大変失礼しました。
私は映画から入っており、普段もそう本は読まないので(おかげで文章力もないのですが)、原作との比較した考察、たいへん興味深く拝読し、遺言状の件など、衝撃をうけ、勉強させていただきました。
先のコメントでちょっと変なことを書きましたが、自分でも散々リメイクの記事を書いておきながら恐縮ですが、私は「犬神」の映画というとやはりオリジナルを頭に浮かべてしまうんですよね・・・。

私は「犬神」を再読する前に、「手毬唄」を再読したのですが、もう一度読み直して
「手毬唄」の原作についての記事を記述しようかと思っています。まだ先になりそうですが。
「手毬唄」では比較記事かかれないのですか?アスランさんの「手毬唄」の記事、是非とも拝読したいと思うのですが。
では。
Posted by イエローストーン at 2007年03月20日 21:28
イエローストーンさん、コメント立て続けにありがとう。
いつもの事ですが返事が遅くなりました。風邪っぴきで困ります。

実はこちらも謝らねばなりません。

原作を読んでるので「いつか感想を書く」とコメントを残しておきながら、読むのに時間がかかりました。そこらへんの事情は記事にもしたのですが、子供の添い寝の際に携帯でちまちま読んでいたからです。

やっとのことで読み終わってから、さて書評をまとめるまでが産みの苦しみでした。要するに原作から感じ入った事がたくさんある。その上に映画との比較で気になった点が山ほどある。それを抜き出しているうちに、何がなにやらまとまった文章が一向にできず、ポイントを絞るまでに時間がかかってしまいました。それでもおそらく僕が書いた記事の中では最長になっています。

さらにここがポイントなのですが、書き立ての書評を抱えて、イエローストーンさんのブログにTBしにいったのですが、「送信失敗」となりました。立て続けに2回やってどちらも失敗(と、こちらではでる)。そこで何故かはわからないがTBできなかったと思いこみ、コメントを残す手間も惜しんで去ったのです。

このとき、「TBできないならコメントしても無駄だ」などとさもしい根性を出さねばよかったのですが、それが災いしてイエローストーンさんから謝っていただく事になって、大変恐縮しています。すみません。

「悪魔の手毬唄」ですが、僕は原作を読んだ時にすっごく驚いた点があります。それは市川監督のラストとまったく同じだったという事です。映画を観た当時からずっと、金田一が最後に言うセリフは市川監督の創作だと思っていました。

 あんなにロマンティックなセリフと場面が原作にあるわけないとなんとなく思ってた。そしてあのシーンこそ、市川監督の金田一シリーズの面目躍如たる部分だと思ってたのです。

そしてそれが原作にあったことの驚き。そしてまた横溝金田一の本質もロマンティシズムにあったと納得したわけです。

そうですね。また書きたいと思います。いつになるかは約束しがたいですが、チャレンジされると弱い性格なので、早々に応えられるかもしれません。
Posted by アスラン at 2007年03月25日 02:50
言い残した事がありました。

この記事は、市川オリジナル版と原作との比較です。それも映画の方は僕のなんどか観ている記憶との照合なので勘違いもあるかもしれません。

リメイク版はいまだ観ていません。映画館で観るという贅沢は、まだあと数年は難しそうです。テレビで早晩やってくれそうなのでそのときを期待したいと思います。
Posted by アスラン at 2007年03月25日 02:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

市川崑の金田一耕助 〜「犬神家の一族」(2006) 天使のような風来坊
Excerpt: 「犬神家の一族」を鑑賞して1週間経つ。ここへきてやっと映画プログラムの表紙をめくった。
Weblog: 取手物語〜取手より愛をこめて
Tracked: 2007-03-19 14:37

市川崑の金田一耕助 〜「金田一です。」(石坂浩二著) 天使のような風来坊2 (追記)
Excerpt: 「犬神家の一族」(2006)を鑑賞してから約半月。ここへきてようやく「金田一です。」(石坂浩二著)に目を通した。
Weblog: 取手物語〜取手より愛をこめて
Tracked: 2007-03-19 14:38
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。