2011年11月24日

九月の四分の一 大崎善生(2005/05/12読了)

 「聖の青春」は強烈な一冊だった。羽生という「時代に選ばれた」存在の陰で、選ばれずにあっという間に時代を駆け抜けた青年・聖。無垢であるがゆえに周囲の眼を気にする事なく我を通し、しかし病ゆえに我を全うできずに自らの体に裏切られた男だ。

 そんな彼を見守ってきた将棋雑誌の編集者が、あの本における著者・大崎善生の立ち位置だった。肩入れしてきた青年が志を果たせず疲れ切って表舞台から去ろうとしている。その姿に編集者自身もまた、寄り添うように疲れている。

 本書の文体は「聖」の激しい人生とは裏返しに淡々としている。センチメンタルな感情に溺れたいのに、溺れきれない中年の寂しさが感じられた。だから…。

 正直、村上春樹の「羊をめぐる冒険」に出てくる主人公「私」を思わせる男たちを、主人公にした短編を読まされる事に違和感があった。大崎善生ってこんな文章を書くのか。いったい何歳なんだ?と。

 村上春樹の描く「私」と著者の描く「私」たちとは似ているようで一点だけ違う点がある。村上の「私」は仕事に疲れてはいない。歳をとらない。どんなに「自分は時代に置き去りにされた」と語っても、眼の前にある「青春の残酷さ」を手放さない。

 一方で本作の「私たち」は明らかに疲れている。彼らは人生を一度リセットする必要に迫られた中年であり、恐らくは等身大の著者自身を投影した存在である。彼らが振り返る若き日の自分は、センチメンタルそのものだ。美しいもの、何か美しいものであったはずのものだ。そして永遠に失われてしまったものだ。

 失われたものを振り返る手つきは、どこか甘くどこか苦い。しかしそれは著者にしかわからない美しさであり、著者自身の心のうちにしかない輝きではないだろうか。
(2005/5/12初出)
posted by アスラン at 12:45| Comment(0) | TrackBack(3) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3578639
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

聖(さとし)の青春
Excerpt: 聖(さとし)の青春 大崎 善生 講談社 2002-05 売り上げランキング : 2,763 おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ..
Weblog: Book Review’S 〜本は成長の糧〜
Tracked: 2005-05-16 13:49

★★★★☆「聖(さとし)の青春」大崎善生、講談社(2002/5)¥680
Excerpt: ----------------------------カザフスタン:ウラルスク:12時-10℃:晴れ----------------------------昨晩、かなり雪が降って、40cmくらい積も..
Weblog: 本のソムリエ提供「一日一冊:読書日記」
Tracked: 2006-02-01 18:51

九月の四分の一<大崎善生>−(本:今年31冊目)−
Excerpt: 新潮社 ; ISBN: 4101265712 ; (2006/02) 評価:89点(100点満点) 相変わらず綺麗な流れるような文章を書く人だ。 それでいて、決して浮ついたところがない。..
Weblog: デコ親父は減量中(映画と本と格闘技とダイエットなどをつらつらと)
Tracked: 2006-04-13 00:31
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。