2006年10月02日

靖国問題 高橋哲哉

 五年五ヶ月にわたる長期政権を終えて、歴代屈指の人気を誇った総理大臣・小泉純一郎が官邸を去った。最後まで自らの本質をさらけ出す事はなかったが、一種の不思議ちゃんキャラを押し通して、「この人物の代わりを果たす政治家はいない」と有権者たちに思わせる程度には自分の人となりを思う存分見せつけてきた。そのあけっぴろげな性格が判官びいきの日本人の大多数の好感を勝ち取り、変人ぶりを大いに発揮する事で並みの政治家であれば胡散臭いと思われるような「信念」の数々を表明しても国民感情を逆撫でするまでにはいたらず、かえって「変人であるが信念を貫く政治家」というプラスのイメージを発信し続けた稀有な首相であった。

 カリスマという言葉がこれほど似合わない首相もなかった。それとは異質な次元にある小泉純一郎という人間は、もはやテレビ向けや国民向けの言葉をとうの昔に失ってしまった政治家の訳の分からない世界に、非常に明解な言葉と個人感情を持ち込んだ政治家であり、言ってよければ大岡越前や遠山金四郎、水戸黄門といった講談やテレビの世界から来たヒーローそのものとなんら変わらない。明解な言葉があり、間違っているにしても正しいにしても分かりやすい言葉しか使わなかった。もしくはわかりにくい事は一切言葉にしなかったとも言える。

 世のジャーナリストやインテリのたぐいが陥りやすい過ちは、理路整然とした主張ばかりが世の中の大多数の人々に受け入れられるとは限らないという点だ。時には単純で分かりやすい主張が勝るときもある。その点、小泉さんは「日本独自の文化」だからアジア諸国からとやかく言われる筋合いはないと言い放ち、「小泉純一郎一個人の信念の問題」と物事を単純化し、「戦争を放棄した日本において不戦の誓いを新たにする」ときわめて簡潔な主張をして靖国神社参拝を強行し続けた。

 これら一つ一つの主張は決して小泉さん本人が信じているほどには自明な事ではないが、かといって分からない事を主張しているわけではない。日本に生まれ育ってきた国民の心情に直接訴えかけるだけの説得力をもっていると言っていい。もし彼の言葉が曖昧だなどとマスコミの言っている事を鵜呑みにしているのなら、その曖昧だという論拠をよくよく考えてみるといい。A級戦犯を合祀しているのが問題だとか、政教分離の憲法規定から内閣総理大臣という公人として参拝するのがけしからんという論点の方がよっぽど曖昧であり、かつわかりにくい。

 つまりマスコミが面白おかしくとりあげる手つきにしたところで「靖国」という問題を不十分な形ですくい上げたにすぎず、かといって有識者が訳知り顔で説明するうがった解釈なるものが僕を含めた国民にわかりやすいものでもない。もちろん小泉さんの主張に僕が納得しているわけではないが、彼のずるいところ(かつ、賢明なところ)は、わかりにくい議論への深入りを徹底的に避けてしまうその姿勢にある。しかもそれが意図的なものに違いないのだが、変人としての資質がなせる技か多くの支持者が見逃してしまうところに、この国の問題があるのかもしれない。「靖国」の問題は端緒にすぎない。

 毎春、千鳥ヶ淵ともども桜詣でを楽しみにしているのが僕にとっての靖国神社だが、ここ数年のかまびすしい議論の渦中にある靖国神社が隠し持つ顔に、僕はそれほど向き合ったことはないし考えたこともない。7年ぐらい前に読んだ坪内祐三「靖国」で初めてその来歴や現状を知ったが、あの作品ではどちらかというと現状抱える問題は棚上げして、元々靖国神社が果たしてきた文化的で宗教的な機能と、それに関わった人物たちを描いていた。歴史認識などといううさんくさい議論を著者は賢明にも(そしてずるくも)回避した作品といえる。だからかもしれないが大変おもしろく読めた。

 では僕にとってではなく日本人にとって「靖国」とはどのような場所であったのか、今はどのような場所であるのか。「靖国問題」とは果たして何のことを指し、何をどう解決しなければならないのか。ひいてはどう解決できるのか。僕の無知を満たすには、この一冊で十分なほど豊富な知識を本書はもたらしてくれた。

 明晰な著者は、靖国問題を
 ・感情の問題
 ・歴史認識の問題
 ・宗教の問題
 ・文化の問題
 ・国立追悼施設とは何か
の各側面から解剖してゆく。

【感情の問題】
 感情とはもちろん遺族の感情である。元々、明治維新の際に官軍側の死者を顕彰する空間として始まった靖国神社(もとは東京招魂社)は、明治の早い段階で地方まかせだった招魂式という慰霊祭を中央でとりまとめるようになる。目的は「遺族感情を悲しみから喜びに変える」ことである。

 遺族の不満をなだめ、国家に不満の矛先が向かないようにする。なにより、戦死者が顕彰され、遺族が喜ぶことによって、他の国民が自ら進んで国家のために命を捧げようと希望することを目的に合祀と招魂式が始まった。


 「合祀」が明治維新に始まるのも知らなかったが、驚かされるのは官軍(薩長)側は合祀して賊軍(幕府)側は合祀しないという差別的な方法論だ。以後、内乱である西南の役の国賊(西郷隆盛たち)は合祀されないし、太平洋戦争に至るまで合祀される者とされない者とを靖国神社は徹底的に差別してきた。

 靖国神社が1869年に定めた例大祭(現在はちょっと違う)は、
 1/3 伏見戦争記念日
 5/15 上野戦争記念日
 5/18 函館降伏日
 9/22 会津藩降伏日
となっていた。著者が指摘するように「天皇の敵側の戦死者は排除する」という靖国の姿勢がよく表れている。

【歴史認識の問題】

 次に著者が取り上げるのは歴史認識の問題だ。言うまでもなく先の大戦をどう捉えるかという姿勢が問われる。「A級戦犯分祀」の問題もここから派生する。今に至るまで靖国は日本の戦争責任を認めない。天皇はもちろん戦争を始めた首謀者たち(A級戦犯)の責任も認めていない。だから分祀を拒否するのは靖国の論理からは必然である。

 ここで著者は「A級戦犯分祀論は戦争責任問題を矮小化する」と否定的だ。要するに、A級戦犯をスケープゴートにするだけで天皇や一般国民の戦争責任を不問に付す事になるという訳だ。しかも、靖国は太平洋戦争における日本軍の戦争を正義の戦争だとした上で、亡くなった兵士を「英霊」として顕彰してきたのだが、分祀論ではこの英霊の是非が問われずじまいになる事を著者は危惧しているのだ。

 では英霊とは何かと言えば、戦死した兵士たち一人一人を神と同列に扱う事に他ならない。これはひとえに「遺族感情を悲しみから喜びに変える」ことによって、兵士本人もその家族も国家のために死を厭わないようにする目的から始まっている。その証拠に、靖国は兵士を合祀するが民間人は合祀しない。

 一方で、靖国は戦争協力者として旧植民地出身の人々を合祀している。遺族は不名誉な事だからと合祀取り下げを求めているが靖国は取り合わない。戦死した時点で彼らは日本人だったというのが靖国側の回答だが、著者に言わせると「いまだに彼らは(日本国の、強いては天皇の)補囚と変わりない」のだ。

【宗教の問題
 実は一番厄介で込み入った事情があるのが宗教の問題のようだ。小泉前首相の靖国参拝については、憲法の政教分離規定があり、福岡地裁が違憲判断をしている。小泉さんはテレビの中で記者たちを前にして「わからない(ですねぇ)」「理解できない」「私は(個人の信念で)参拝を続けます」と繰り返し反発していたが、違憲理由について真っ正面から反論することはもちろんなかった。

 著者の考えでは、公式参拝の障害を取り除く方法論としては
1.政教分離規定を改正する
2.靖国神社を非宗教法人化する

のいずれかしかない。しかし1の改正は靖国神社だけを特例とすることはできず、改正実現は困難である。2は、靖国陣社を現在の宗教法人格から特殊法人格に変更する事だが、法人格を変更したところで靖国神社は「英霊顕彰」をやめることは受け入れはしないだろう。著者も上記の方法論は不可能とした上で、以下のように結論づける。
(靖国神社は)伝統的な祭祀儀礼を維持するかぎり宗教団体であり、したがって憲法違反を犯さずに国営化することはできない


 以上のような誰が考えたって不可能な選択肢が議論に挙がってくるには理由がある。「神道は宗教ではない」とするカモフラージュがまかりとおっていた時期がこの国の歴史にはあるからだ。靖国神社で行われる祭祀は国家の祭祀であり、キリスト教や仏教の信仰とは何の矛盾も対立もないという国家の主張が、太平洋戦争下では受け入れられた。結果的に国家は「宗教」を完全に吸収してしまったのだ。要するに、靖国神社はすでに戦前から「無宗教の国立戦没者追悼施設」を装う「宗教的な国立戦没者顕彰施設」であったわけだ。

【文化の問題】
 この章は、著者の論理がもっともスリリングに展開する部分だ。小泉前首相は靖国参拝を「日本の文化(伝統)」だから当然の権利と主張する。著者はこの文化の視点を、「閣僚の靖国神社参拝問題に関する懇談会」(略称・追悼懇)の委員だった文芸批評家・江藤淳の主張を検討することで徹底的に批判していく。

 江藤の主張の骨子は「万葉以来、今日に至る日本という国の持続そのものが織りなしてきたもの」が「日本文化」であり、その根源に「死者との共生感」があるというものだ。

 著者は、江藤の主張する前提が自明とは言えないとした上で、とりあえず認めたとしても「死者との共生感」が何故靖国という形をとるのか必然性がないと指摘する。江藤が例としてあげているお盆の風習などには、なるほど「死者との共生感」があるとうなずけるが、それがなぜ靖国を直接肯定する根拠になりうるのか。やはり靖国という形が可能なのは、文化論を超えた「国家の政治的意志」以外の何物でもない。

 「靖国は民間人戦死者も敵側の戦死者も祀らない」という指摘に答えて、江藤は「どこの国だって、自国の戦死者を、自国の風習と文化に従って弔っている」と強弁する。しかし著者はここに江藤の混乱を見る。江藤の靖国擁護のスタンスは、靖国を「日本文化特有の時空間」に根拠づけることだったはずが、ここにきて「味方の死者だけを弔う」という根拠を日本特有でない(他国の)方式で説明しようとする。つまり「日本文化独自」の問題として、靖国の存在ならびに機能を正当化することなどできないのだ。

【国立追悼施設とは何か】
 最後は国立追悼施設の問題である。著者は、「内外の人々がわだかまりなく追悼できる施設」を望む有識者や宗教関係者の議論を逐一検討し、やはり否定する。

 江藤淳が関与した追悼懇が提出した報告書では「無宗教ですべての死没者を対象にした施設」の必要性が提案されている。しかしここに書かれた提案には歴史認識がまったくと言っていいほど欠如している。「A級戦犯」問題は曖昧なままである。さらに植民地支配にかんする認識を欠いたまま、今後の追悼対象を「日本の平和と独立を守り国の安全を保つ活動をした死没者」にさりげなく限定する。

 著者の慧眼は次のような文言も見逃さない。すなわち、
「日本が戦争することは(日本国憲法で誓っているので)理論的にあり得ないから、日本の平和を害するような行為をした死没者は追悼対象ではない」。

 一見もっともらしく聞こえるかもしれないが、要するに正しいか正しくないかは国家の判断に委ねられ、正しい者だけを顕彰するというどこかで見慣れた論理が展開される。そう、靖国の論理と瓜二つなのだ。さらに問題なのは「日本は戦争放棄したので、自衛隊の武力行為はすべて国際平和のための活動だ」という、正当性に対するアリバイに利用されてしまう点だ。

 どうしてこうなるか。第二の靖国になるのが偶然でないとしたら、本質はどこにあるか。それは国家の理念に関わると著者は言う。日本的な要素を靖国から取り払えば、残るのはすべての国家に共通の論理しかない。つまり国のために死んでいった死者(兵士)を顕彰し、国家のために死を厭わない国民感情をはぐくむ。これが近代国家の共通の論理である。それを阻む力は施設にはない。そこに政治がない限り、新たな国立追悼施設は第二の靖国と化すのは自明だ。

 以上で著者の靖国問題の分析は尽きているが、最後に政治家・石橋湛山が終戦直後、靖国神社廃止論を唱えたのをモデルにして、著者の結論と解決へのステップが語られる。簡単にまとめておく。

(a)靖国神社を、祀られたいと遺族が望む戦死者に限った一宗教法人とする
 (a-1)政教分離を徹底し、国家と神社の癒着を完全に絶つ
 (a-2)合祀取り下げを求める内外の遺族の要求に応じる

(b)歴史認識を新たにし、平和国家を維持する努力を続ける。
 (b-1)対外戦争を正戦とする歴史観を自由な言論で克服する
 (b-2)「不戦の誓い」を保証する不断の努力を続ける


 さて非常に詳細を究めて明晰な分析を続けた著者の考えるモデルとしては、ちょっと整然としていて物足りないように思える。当たり前のステップかもしれないが、到底たどり着けそうにはない。著者も可能性を信じていないのかもしれない。それとも新書では靖国問題の端緒を開く役目しかないと考えているのかもしれない。

 いずれにしても、無知な一日本人の端緒を切り開くにはふさわしい一冊だった。この本に挙げられた項目を頭の中でチャート化しておこう。「美しい国」作りをめざす一国の首相は、かならずや「文化」や「歴史認識」の項目で著者の批判にからめとられるだろう。

↓クリックの応援よろしく!
banner_04.gif
人気ブログランキング
posted by アスラン at 19:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
がっちりと一気に読んでしまいました。「世のジャーナリストやインテリの類が陥りやすい過ちは、理路整然とした主張ばかりが世の中の大多数の人々に受け入れられるとは限らないという点だ。」最近漸く、その世の中の大多数の人々というものが見えてきた気がしています。本当にその通り。この世の中は、単純で分かりやすい主張の方が、受け入れられやすいのですね。
靖国問題は、不確かな知識のみで語れる内容ではありません。唯一「祖霊」に関しての項について述べることはできそうですが、危険を冒したくはありませんので、此処では遠慮させていただきます。すると、私にはもう語れるものがないのです。語る事が出来ない己の無知さを恥かしく想います。『靖国問題』高橋哲哉(ちくま新書)興味を持ちましたので、探してみようと想ったのですが、此処まで詳細かつ簡潔にまとめてくださったのを読んでしまうと、もう充分な気がしてきました。でも、「無知な一日本人である私の端緒を切り開くにはふさわしい一冊」として、矢張り自分なりに読んでおくことにします。
奇しくも時同じくして、関連性のある「戦犯収容所」を取り上げた吉村昭氏の『プリズンの満月』を読み終えました。導入部と締めくくり部分を除けば、本書は「戦犯を収容したプリズン収容所の記録」となっています。個人的に今まで避けてきた「その後の日本」について、そろそろ向き合っても良い時期なのでしょう。
Posted by rago at 2006年10月04日 20:54
大多数の人が分かりやすい主張を受け入れやすいということに関しては、群衆という視点で人間や社会の本質を突いた松山巌「群衆」をオススメします。

松山さんの作品はどれもこれも良いので、もっともっとこのブログで紹介しなければと思いつつ最近読んでない自分の怠惰さと浮気性には呆れるしかありません。書棚に文庫一冊と単行本二冊あるんだ。読まねば。

「祖霊」とはお盆の風習つながりですよね。僕の無知はらごさんを上回るので拝聴したいですね。僕にとっては、母と祖母と一緒に茄子で作る馬(?)と盆にたきあげた火でご先祖を迎える、とある夕暮れが頭と体にすりこまれているだけで、あとは何にも知らないのです。
Posted by エラリー at 2006年10月12日 09:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/24782365
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。