2011年12月14日

チムニーズ館の秘密 アガサ・クリスティー(2011/11/10読了,再読)

 久しぶりにクリスティ読破プロジェクトが再開した顛末については、「ABC殺人事件」の書評で書いたが、さてどこまで読んだかと調べてみると「茶色の服の男」も「秘密機関」も「チムニーズ館の秘密」も読んでいることになっている。いや[ビッグ4」も既読らしい。にも関わらず、どれもこれもストーリーが頭に入っていない。誰が犯人なのか覚えていない。そんな事があるだろうか、いや、あるんです。

 どうやら初期のクリスティ作品というのは、特徴らしい特徴が感じられない。どれも似たり寄ったりという印象がある。その中でもいわゆるスパイ小説や冒険小説というジャンルの作品に個性の希薄さが感じられると言っていい。北上次郎さんによると、初期の段階でクリスティ自身、スパイ小説に見切りをつけたようなので、いわば今読んでいるあたりが一つの山場なのかもしれない。

 とにもかくにも「青列車の秘密」を割と面白く読み終えたので、次は「七つの時計」だとテンポ良く読み出そうとしたのだけれど、冒頭からあまりに無造作にいろんな人が登場するので、なにがなんだか分からなくなってしまった。「チムニーズ館」という、なにやら聞き覚えのある邸宅で、外交官の卵たちや、鉄鋼王とその夫人、そして館付きの使用人たちが、そこに存在するのが当たり前のように最初から癖のある会話を繰り広げる。館の当主の気質を十分に承知している執事は、成り上がりの現主人に対しても有能ぶりをさりげなく見せつけてくれるし、無駄に野菜や草花を栽培し、現夫人の命に従う事なく庭における実権を掌握する偉そうな庭師が出てきたりして、それはそれで楽しいのだが、でもやっぱりなんだか分からない。

 どうやら「チムニーズ館の秘密」を思い出すところから始めるべきだと思い知った。そうして本書に戻ってみると、するすると人間関係が頭に入る。なんだ、そうだったのか。「七つの時計」は、あくまで続編として成り立っている作品なのだ。もちろん、それぞれの事件に共通した舞台(チムニーズ館)と共通した登場人物が存在するだけで、それ以上の関わりは皆無だ。本作/続編の順に読まねばならないという制約はないけれども、人物に対する思い入れを考慮しないと「七つの時計」の面白さが損なわれる事は確かだろう。

 「七つの時計」の冒頭の分かりにくさは、脇役級の人物が次々と登場するばかりで、その状況を整然と仕切っていく探偵役がなかなか姿を見せない点にある。やがては、館の真の当主の娘であるバンドルを仮の探偵役として物語が進行する事になるにしても、彼女は本書の主役であるヴァージニア・レヴェルの女友達であり、派手で男勝りのきわめて魅惑的な女性ヴァージニアの引き立て役という定位置に収まっていて、本作では非常に影が薄かった。

 一方、南アフリカから友人の依頼を果たすべくイギリスを訪れたアンソニー・ケイドも、無鉄砲で冒険好きな、これまた怪しげな魅力のある若者であって、この新たな闖入者がヴァージニアと仲良くやっているのを快く思わない外交官秘書のビルもまた、本作ではアンソニーの引き立て役に過ぎない。ところが「七つの時計」では、再び引き立て役に終わるかと思うと、意外な頑張りを見せて重要な位置を占めている。

 何を言いたいかと言えば、「七つの時計」の最大の欠点が「チムニーズ館の秘密」の最大の魅力であるという点だ。ヴァージニアとアンソニーの二人のコンビが、実は例の「トミーとタベンス」とか、その後の「なぜエヴァンスに頼まなかったか」の主役のカップルのように、非常に魅力的で存在感があり、かつハーレクイン・ロマンスのような恋愛のテイストも十分に味わえる。そういう意味で単なるスリラーではない。どちらかと言えば、ロマンスに重点が置かれてこそミステリーの筋立てが映えるのは、ヒッチコックの「北北西に進路を取れ」や「おしゃれ泥棒」などを見ればわかるだろう。

 それにしても、たんなる国際紛争だとか王位継承問題ならばわかるとして、秘宝を狙う大泥棒までが入り交じる筋立てというのは、かなり古めかしい。「青列車の秘密」でも宝石を狙う大泥棒と殺人者とのいずれをもポアロが追い詰めていくところが、一見バランスが悪そうで、最後にはミステリーらしくまとまっていた。さすがに、ポアロに国際紛争まで解決させるという荒唐無稽な展開を持ち込む事はなかった。そんな事をしてしまったら、これはもうシャーロック・ホームズの事件簿そのものではないか。

 「青列車の秘密」の書評で、この作品はポアロを本作のアンソニー・ケイドのような若き冒険者に置き換えたらば、きっと荒唐無稽だが魅力的なスパイ小説になっていただろうと書いた。あそこで何気なく登場するキャサリン・グレーはロマンスの片割れになっていたはずだが、ポアロではロマンスが生まれようがない。ポアロを探偵役に据えた事によってキャサリンは冗長な存在に堕してしまったのだ。しかし、一方でポアロの位置にアンソニータイプの若者を据えてしまったならば、ロマンスがクライマックスを飾る事は確かだが、あの魅力的な推理の醍醐味は味わえなくなってしまう。

 その意味で、クリスティのスパイ小説・冒険小説は事件を構成する要素があきらかに冗長だ。冗長さを抱え込む事で、読者に結末を予想させないという狙いもあったかもしれないが、やはりクリスティ自身がスリラーでいくのか、ロマンスものでいくのか、はたまた本格ミステリーに重点をおいて描くのか、いろいろと試したいという欲求があったのではないだろうか。そして、確かに冗長ではあるのだけれど、ラストにおいてそれらが一挙につながって解決し、その上に一組のカップルが誕生し、何人かの失恋者が生み出されるというオチがつく。その点が、小説にいろいろな楽しみを求める欲張りな読者(北方次郎さんもその一人だろう)の好みに合っているのかもしれない。

 僕はと言えば、一作も読めば十分だという気がしている。それがどの作品かと言えば、今のところ、この「チムニーズ館の秘密」という事になりそうだ。主人公の二人の事件への関わり方も面白いし、出逢い方(出逢わせ方)もなかなか凝っている。こういう手腕を活かし続けたら、ひょっとしたらクリスティという作家は、器用なハーレクイン・ロマンス作家として一部に知られる作家で終わっていたかもしれないが、彼女にはさらに大化けするミステリーの才能が秘められていた。
posted by アスラン at 12:25| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。