2006年07月07日

アクセス解析について思うこと(1)

 実は毎日自分のブログにどれだけのアクセスがあるか(あったか)気になる性分だ。いや要するに典型的な「小市民」という奴で、人の言うことはあまり聞かないで「我関せず」という顔をしているくせに、人が自分について噂してると気になる性分なのだ。とっても気が小さい人間なのだ。と一応カミングアウトしておこう。

 そんな小さな人間にとってブログのアクセス解析はやめられないとまらないかっぱえびせんみたいなものだ。それこそ毎日新しい記事をアップしたらどのくらいアクセスがあるか気になるし、忙しくてアップしない日が続くとアクセス数が減っていくのが気になる。どちらにしても無ければないでどうしたら自分のブログの評判を知ることができるか悩むし、あればあったで毎日のアクセス実数に一喜一憂する。困りものである。

 とりあえず徒然なる感想はこのくらいにして、同好の士まあぼさんから問い合わせがあったので、アクセス解析についてひととおり書いてみる。

 まず最初に正直に書いてしまうと、毎月記事に載せている「何月アクセス解析」の内容は、

 (A)Seesaaブログのアクセス解析

によるものである。こう書いてしまうと、まあぼさんからなんだそうなのかと言われそうだが、実はアクセス解析ツールを別に利用してはいる。そのツールの使い方と何故そっちのデータを載せないのかという事情は後述する。

 Seesaaのアクセス解析の使い方は極めて簡単だ。どのブログでも自分のブログの内容を変更したり記事を登録するログイン画面があるはずだ。そこに「アクセス解析」というメニューが用意されていて、
・ページ別アクセス
・時間毎のアクセス
・リファラ(リンク元)
・検索ワード
などの最新情報が集計される。

 僕が最も利用するのは「ページ別アクセス」という情報で、これを見るとどの記事にアクセスがあったのかが一目瞭然となる。以下に最新の「ページ別アクセス」を一部抜粋する。最新というのは今日(7/7)12時少し過ぎの表示をコピーしたからで、刻々と表示は変わっていく。

ページ 比率 訪問者数 ページビュー
合計          122      365
1 /index.rdf  21.6% 18 79
2 トップページ  4.4% 10 16
3 愛と死をみつめて ある純愛の記録 河野実 ..  1.4% 3 5
4 限りなく透明に近いブルー 村上龍  1.1% 4 4
5 りはめより100倍恐ろしい 木堂椎  1.1% 4 4
6 アポロとソユーズ 米ソ宇宙飛行士が明かし..  1.1% 4 4
7 読書感想文「夏目漱石 こころ」  1.1% 4 4
8 この本が、世界に存在することに 角田光代  1.1% 4 4
9 アーカイブ:2005年5月  0.8% 3 3
10 映画の原作本をお弔い読書に…(図書館のす..  0.8% 3 3
11 君たちに明日はない 垣根涼介  0.8% 2 3
12 「夜のピクニック」 恩田陸  0.8% 3 3
13 隠蔽捜査 今野敏  0.8% 3 3
14 アーカイブ:2005年7月  0.8% 2 3
15 1999年7月24日(火) 「ラン・ローラ・ラン..  0.5% 2 2
16 あじさい(紫陽花) (あ!クマの辞典)  0.5% 2 2
17 2006年読了リスト  0.5% 2 2
18 1999年7月19日(月) 「マイ・ネーム・イズ..  0.5% 2 2
19 アーカイブ:2006年5月  0.5% 2 2
20 ミヤザワケンジ・グレーテストヒッツ 高橋..  0.5% 2 2
21 /article/5211256.html  0.5% 2 2
22 /article/5538402.html  0.5% 2 2
23 /article/5864965.html  0.5% 2 2
24 /article/5162926.html  0.5% 2 2
25 /article/8906459.html  0.5% 2 2
26 /article/4815462.html  0.5% 2 2


 Seesaaのアクセス解析のいいところは、一日ごとの集計ログがカレンダーから日付を選択していつでも表示できるところだ。しかも月単位の集計も表示できる。このブログで毎月載せている記事も月単位の集計を利用している。

 これからこの「ページ別アクセス」にどのように手を入れて毎月載せている記事のランキングに変更しているかを説明する。それは要するにSeesaaのアクセス解析の悪いところを浮き彫りにするだろう。

 (a)まず「/index.rdf」「/article/5211256.html」などの行を削除する。

 これらはおそらくRSSリーダーなどで僕のブログを読んでいる読者(おそらくまあぼさんもここに入る)のアクセスを示している。しかし僕が知りたい記事タイトルが分からない項目は捨てるしかない。「/article」で始まる方は、「http://elleryqueen.seesaa.net/article」で始まるならば記事タイトルが表示されるが、ルート(/)からではない相対表示のURLの場合には記事タイトルが表示されないらしい。

 (b)ページビュー昇順の並びを訪問者数昇順に変更する。

 Seesaaのアクセス解析では同じ訪問者言い換えれば同じPCから同じページを何度もアクセスしてもカウンタが増えるらしい。つまりページビューの数は延べ数であって実体とはほど遠いと思われる。それより訪問者数別で並べた方がアクセス数としては正しいと判断した。

 (c)「ページ別アクセス」のソースページをコピーする。

 僕のアクセス解析を見ると分かるが、ちゃんとランキングからそれぞれの記事がたどれるようになっている。これは元々のSeesaaのアクセス解析の表示がURLとリンクされて元記事を見られるようになっているので、それにならってソースページから必要な部分を抜き出して使っている。

 (d)記事タイトルの末尾「…」は手入力で補充。

 「ページ別アクセス」ではページ名(記事タイトル)はカラムの長さに制限があるため、一定以上の長さのタイトルは「…」で省略されてしまう。それを記事にするために補ってあげる必要があるが、ここらは自動化しているわけではなくすべて元記事を参照して手入力(コピペ)である。

 (e)比率、訪問者数、ページビューなどの数値はすべて削除

 これは数値自体だれにとってもあまり意味がないことから削除している。

 以上の修正を施して毎月のアクセス解析ランキングとなる。

ざっとみて問題をあげるとすると、

 ・ランキングに利用できないムダデータが多い。RSS経由が正しくカウントされていないならば、全体的に正しいアクセス数ではない可能性が大きい
 ・Seesaaのアクセス解析そのものが多めに出過ぎる傾向がある信憑性がいまひとつである
 ・月単位の集計に時間がかかる。おそらく31日分をそれぞれ足していると思われ、通常の一日単位の30倍はかかるのではないか
 ・「ページ別アクセス」から記事に載せるランキングにするのに手間がかかる(もっともこれはスクリプトを用意して簡単化したが…。)

などだろうか。これ以外にもありそうだが、いまは思いつかない。

 良い点はというと、まあひとつだけ。外部のアクセス解析に頼る必要がない。いつでも毎日見られるデータだし、それを月単位に集計したものだから結果に納得がいくという点だろう。

 次に外部のアクセス解析について説明するが、長くなったので別記事に分けます。

↓クリックの応援よろしく!
banner_04.gif
人気ブログランキング
posted by アスラン at 13:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 評論・エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ちょっとのつもりのお伺いが,わざわざ項目を立てていただいて恐縮です。
たいへん参考になっていますので,続きも期待しています。あまりお急ぎにならず,ゆっくりお書きください。

Seesaaのアクセス解析ということで,「…なんだそうなのかと言われそうだが…」とは思いませんでしたが,ひょっとしたらそうではないかなと考えてはいました。
楽天の場合,そういった機能はありません。というかアフィリから出発したせいか,過去のブログを読むという発想もあまりないようです(笑)
Posted by donmabo at 2006年07月08日 01:18
 週末に続きを書いてしまおうと思っていたのですが、なんやかやと果たせませんでした。ゆっくりでよいというお言葉に甘えて、ゆっくり書かせてもらいます。

いや正直ちゃんと書くと自分がしたかったことやできない事がはっきりするので、まあぼさんにこの話題を振ってもらって良かったなと思ってます。

楽天の構成というのも独特だなぁと、まあぼさんのブログをみてなんとなく気づいてはいました。でもアフィリエイト目的だと、過去のブログよりも最新情報という事になるんですね。僕みたいに後ろ向きの人間の方が少ないんでしょうね、きっと。
Posted by アスラン at 2006年07月10日 02:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。