2006年03月08日

文豪ナビ 川端康成 新潮文庫編

 伊豆の踊子も雪国も読んだ事があるはずだ。しかし「面白い」も「感動した」も「つまらなかった」も感想が一切ない。きっとよくわからなかったに違いない。

 一つにはドラマや映画になっていてなんとなくストーリーは見知っていたのでこんなものかと侮っていたのかもしれない。

 なにより中学生の頃の僕にはつまらない文学などないと自分に思い込ませていたところがある。当時の読書ノートを見ると分からないなりにほめてばかりいる。つまらないのは自分の人生だった。

 書店で見かけたとき文豪ナビなど読むまでもないと思っていた。ところが機会があって「眠れる美女」「山の音」を立て続けによんで尋常じゃなく文章にのめりこんだ。こんな小説がごろごろ転がっているなら片っ端から読まずばなるまいと思った。

 それにしては僕の川端康成の知識は拙い。自前の川端ナビを作ると、

 伊豆の踊子->雪国->ノーベル文学賞->ガス自殺

となる。世間一般の知識しかもちあわせていない。これではいけないとまとめて読もうと思いたった。

 とはいえ、まとめて読もうと思いたつのは読書ジャンキーを自認する僕の悪いくせで、いまでも思いたっては企画倒れに終わった作家がいっぱいある。で今回は恥ずかしながら文豪ナビの力を借りる事にした。

[超早わかり!川端作品ナビ]

 手頃な散策コースを紹介するかのように、川端作品のオススメと読む順、読書のポイントをナビしてくれる。以下がおすすめコース。

伊豆の踊子→雪国→古都→眠れる美女/みずうみ→千羽鶴/波千鳥→山の音→美しい日本の私


 びっくりした。僕が虜になった二冊はいずれも川端作品の代表作だったのだ。特に「山の音」は最高傑作と言われているらしい。確かに章一つ一つが珠玉の短編であって、さらに全体が出来上がっているのは見事だが、これが最高傑作とはどういう事なのか?

 出来に異論はないが長編として読ませるものが代表作ではないのかといぶかったのだ。事情は「評伝 川端康成」の章を読んで分かったが、詳しくは後に譲る。

[10分で読む「要約」川端康成(木原武一)]

 「雪国」「山の音」「眠れる美女」の文章が10頁程度に要約されている。あらすじではない。あらすじではない分、かえって罪作りだ。原作のエッセンスがあたかも著者が書いたかのような文章で表現されるので、読んだ気にさせてしまう。しかもこんなものかと誤解してしまう可能性があることは否めない。つまりはこれから読むつもりの人はこの要約は読むべきではない。

[声に出して読みたい川端康成(斎藤孝)]

 斎藤孝はテレビ向けの人だと思う。いつぞやテレビで朗読のもつ力を作家ごとに読むシチュエーションを変えて朗読してみるという遊び心を提案していた。宮沢賢治の「アメニモマケズ」を人をおんぶしながら苦しそうに声をしぼりだして読むとか。

 方法論として正しいかどうかは置くとして面白い。今回は「雪国」を名古屋弁にリライトして朗読させる。要するに原文の繊細さを改めて認識するための遊びだろう。思うに川端康成作品自体、朗読に適さないのではないか。例えば夏目漱石の「坊ちゃん」などは読んで感じる文章のリズム感の心地よさが明らかにある。しかし川端作品はリズム感ではなく五感を直接刺激する官能の文章である。

 朗読するという行為が逆に官能への刺激を取りこぼしてしまうか、あるいは声にしてしまうことで五感の生々しさをあらわにしてしまうような気がする。つまりわざわざ名古屋弁にしないでも朗読する事で身も蓋もない事になってしまうのではないだろうか。

[川端にぶっとんだ作家による熱烈エッセイ]

 続いて石田衣良と角田光代のエッセイが続く。本書は冒頭のナビとこのエッセイだけ読めばいいような気がする。どちらも心酔する川端作品への独特な思いを文章にする。

 例えば、石田衣良は自作で川端作品からインスパイアされた文章を多数書いているほど川端作品の文章を愛しているが、彼をして「語りにくい作家であり、作品だ。」と言わしめている。

 だが、ここで白状してしまうとぼくは川端のノーベル文学賞記念講演『美しい日本の私』をあまり信用していないのだ。川端は異常なほどの感覚の切れ味をもってはいたが、論理は苦手だった。…(中略)…そう簡単にわかられてたまるかと、泉下の作家はあの猛禽の目をむいて嗤っているのではないか。(石田衣良「幸福な日本の作家」より)


 一方、角田光代は高校生の頃「伊豆の踊子」を読んでつまらないと思った。読書感想文にもそう書いたらしい。そして15年後のスリランカの旅先で「みずうみ」を読んで虜になった。そして改めて「伊豆の踊子」を読み直して「つまらない」と思ったかつての自分を不思議に思う。と同時に一高校生にはわからなかった理由も納得する。

 大人にならないと川端康成を読むことはできない。成熟という意味ではない。この世界には醜悪なことや煩雑なことや、絶望や不安や妬みや諦めや、そんなものが渦巻いている、というそのことを、もしくはその気配を、脳味噌でなく体で知らないと、彼の小説は読めない。(角田光代「美の信仰者」より)

[評伝 川端康成(島内景二)]

 川端康成は本名である。そして2歳の時に父を、3歳で母を、7歳で祖母を、10歳で姉を、15歳で祖父を失って孤児となる。これは作家の出自としてはかなり特異なものだ。漱石は本名・金之助であり両親も兄弟もいたが、幼い頃にもらい子にやられるという過去をもつ。それが微妙に作品に影響していることは確かだが、川端作品の「死と隣り合わせの魔境」のような作風はやはりあきらかに出自からくるものだろう。

 もうひとつ評伝から知った事は、彼は短編作家であるという事だ。あの「雪国」でさえ複数の短編をつなぎ合わせて、全体を推敲してできあがっている。初版が昭和12年。最終的な決定版が昭和22年だそうだ。つまり川端の文章はみかけとは違って、彼自身の粘着質の性格からしつような推敲を経て生み出されているという事だ。

 そしてその意味でも「山の音」は短編を積み重ねて作るという「源氏物語」から連なる日本的な長編小説の要件を満たしているというわけだ。ここに現代作家がまねしようとしてできない川端康成の文章の特徴がある。

 さてこれで準備万端。川端作品に漕ぎだそうではないか!
(2006年3月7日読了)


↓クリックの応援よろしく!
banner_04.gif
人気ブログランキング
posted by アスラン at 13:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。