2006年01月22日

「裸足のトンカ」「ムトゥ 踊るマハラジャ」(1998年7月6日(月))

 通院日。思ったより早く診察が終わったので、飯田橋から渋谷に移動。パルコパート3内のFANGOでサンドイッチとアイスティーで昼食。

 そのままSPACE PART3に上がって「裸足のトンカ」(no.98)を観る。

 良い映画というのは結構あるもんだが、美しい映画は少ない。これは美しい映画だ

 スプリンターとしての限界を感じている主人公が空港からの高速道路わきを駆け抜ける少女トンカの美しさに魅せられてしまう。トンカは高速わきのコカコーラの広告塔の中で暮している自由人。そんな何ものにも囚われないトンカの言葉や仕草に刺激されてスプリンターはトンカを愛するようになり、走る意欲も取り戻していく。

 すべてが美しく暖かい。ラストで死んでしまったトンカの面影をなぞるように空港を疾走するトンカの妹の姿がスプリンターと僕らの胸を打つ。

 ついに話題の映画「ムトゥ 踊るマハラジャ」(no.97)をシネマライズで観る。

 予想にたがわず爆発的な勢いをもった娯楽映画だ。

 踊りのシーンはインド舞踊でもありM.ジャクソンばりのブレイクダンスでもあり、ミュージカルでもある。アクションシーンはまるでカンフー映画だ。ジャッキー・チェンやブルース・リーを思わせる殺陣もある。

 とにかくあらゆる要素をすべて取り込んだ映画で、これでもかこれでもかというくらいに盛り込んでいる。やり過ぎという言葉はこの映画に限ってはあり得ない。かつての植木等の「無責任男シリーズ」のようなエネルギーが感じられる。

 何をやっても許されるというより、これほど大胆な映画作りが出来るインド映画の幸せな状況が想像できて羨ましくなった。
(ブログ「大いなる遡行」2005/11/02記事より転載)


↓クリックの応援よろしく!
banner_04.gif
人気ブログランキング
posted by アスラン at 02:35| Comment(3) | TrackBack(2) | 映画評(1998年) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
アスランさんコメント&トラバありがとうございます^^
この映画を観たって人がまわりに居なくて、 アスランさんのブログで感想を書いてあるのをみてうれしくなってトラバしちゃいました^ ^
素敵なブログですね
また遊びに来ますそれじゃ〜〜
Posted by アスラン at 2006年11月05日 01:49
アスランさんコメント&トラバありがとうございます^^
この映画を観たって人がまわりに居なくて、 アスランさんのブログで感想を書いてあるのをみてうれしくなってトラバしちゃいました^ ^
素敵なブログですね
また遊びに来ますそれじゃ〜〜
Posted by ガノ at 2006年11月05日 01:49
コメントどうもありがとう、ガノさん

見たのはもう8年も前になるんですよね。テレビでもあんまり放映されないし、まあ少ないながらこうして同好の士を見つける事ができただけでもうれしいなと思います。

また寄ってくださいね。
Posted by アスラン at 2006年11月11日 14:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/12054327
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

我流映画評論 〜裸足のトンカ〜
Excerpt: ちょい昔観た映画ブームがまだ続いているガノです。 今日は紹介するのは、昔好だったフランス人俳優 ジャン=ユーグ・アングラード初監督・主演の「裸足のトンカ」っす。 この映画のストーリーは..
Weblog: GFL BLOG|ジフルブログ
Tracked: 2006-10-31 13:35

裸足のトンカ@我流映画評論
Excerpt: ちょい昔観た映画ブームがまだ続いているガノです。 今日は紹介するのは、昔好だったフランス人俳優 ジャン=ユーグ・アングラード初監督・主演の「裸足のトンカ」っす。 この映画の..
Weblog: ジフルブログは映画・音楽・札幌グルメを紹介|GFL BLOG
Tracked: 2007-07-28 03:20
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。