2005年12月05日

どうなる?始祖鳥

 先週末(金曜)に驚くべき記事が新聞に載った。あの始祖鳥が鳥類ではなく恐竜の一種だという研究結果が出たという記事だ。

 始祖鳥はその名のとおり今の鳥たちの祖先。始祖というだけあって鳥の進化の大本で、今のところ最古の鳥類の化石だ。それが米科学誌「サイエンス」に掲載された論文では、始祖鳥の骨格に恐竜特有の特徴が見いだされたらしい。

 日本の高校教科書(生物)では「もっとも古い鳥類と考えられる」といまだに紹介されているようだから、今回の発見が正しければ、始祖鳥そのものの記述が姿を消すかもしれない。いや、僕には生物の学術的分類はそれほど関心もないし門外漢なので理解できないが、問題は「始祖鳥」という名前だ。どうなるんだろう〜?

 鳥類じゃないって事になれば「始祖鳥」って名前自体が誤りになる。よくわからないが、始祖鳥よりも古い鳥の化石がでてきたら「始祖」ではなくなる可能性もあったんだろうか?そうすると新たな古い化石は「始祖始祖鳥」とか「超始祖鳥」って言われたのかもしれない。

 いやそれも余談。恐竜って事に確定したら「始祖鳥」を改名して「始祖鳥もどき」と言われるようになるんだろうか?その上、本当に古い鳥類の化石が見つかってそちらに「始祖鳥」の名前を譲るって事になったら、僕らオールドタイプにはややこしい話になる。昔勉強した知識がどんどん訂正されていくのだ。なんか一抹の寂しさが…。

 最近の歴史でも「いい国つくろう鎌倉幕府」の1192年って年号が、実は鎌倉幕府誕生の年としては正しくないと判ってきたらしい。とするとあの語呂合わせ自体が意味をもたなくなってしまう。あまりにポピュラーで親しみやすい語呂だっただけに残念だ。

 その意味では「始祖鳥」の化石の輪郭は素人目で見ると、どうしたって鳥だ。あれが鳥の祖先でないとすると、僕らの習ってきた生物の常識が大きく揺らぐ事になる。もちろん学術的に正しい事が判明して書き直される事はいいことには違いないのだが、常識が揺らぐだけでなく僕個人を形作ってきた一つがそげ落ちてしまう事の方が重要だ。その意味でなんとなく笑い話にできない。

もし「始祖鳥」が教科書から姿を消す事になるなら、そのときは助命嘆願書を出そうかな。

↓クリックの応援よろしく!
banner_04.gif
人気ブログランキング
posted by アスラン at 02:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(電車でカフェ気分) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/10215635
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。